マスター メジャーの値への色の割り当て

マスター メジャーに色のグラデーションまたはセグメント スキームを割り当て、デフォルトのカラー スキーム以外の色を使用してメジャーごとにビジュアライゼーションの色分けを行うことができます。これによって、メジャーで色分けをするときに、既定の配色以外の色を使用してビジュアライゼーションを色分けできます。

単色で色を着けることを選択した場合は、カラー スキームの代わりにマスター メジャーの色が使用されます。

マスター メジャーの値にカスタム セグメントまたは色のグラデーションを割り当てるには、次の手順を実行します。

  1. セグメント カラーにアクセスして有効にします。
  2. テンプレート スキームを選択します。
  3. セグメント フォーマットを選択します。
  4. 必要に応じて、制限の追加または削除を行います。
  5. 必要に応じて、セグメントの限度を編集します。
  6. セグメントに色を割り当てます。
  7. 保存します。

セグメント カラーのアクセスと有効化

次の手順を実行します。

  1. シート表示で、ツール バーの [@編集] をクリックします。
  2. é をクリックして、マスター アイテムを表示させます。
  3. ライブラリからマスター メジャーを選択します。
  4. @ をクリックします。
  5. [セグメント カラー] タブをクリックします。
  6. [セグメント カラー] ボタンを [カスタム] の色分けに設定します。

テンプレート スキームの選択

テンプレート スキームには編集用のデフォルトのテンプレートが用意されています。デフォルトのクラスまたはグラデーションから選択することができます。

次の手順を実行します。

  • [テンプレート スキームの選択] の下でテンプレート スキームを選択します。

セグメント フォーマットの選択

セグメント フォーマットにより、色の適用方法を規定します。[パーセンテージ] では、値がその値の百分率に適合する箇所に基づいて値のクラスを追加します。[固定値] では、定義値を使用して各セグメントの限度を設定します。

次の手順を実行します。

  • [セグメント フォーマット] を [固定値] または [パーセンテージ] に設定します。

限度の追加、編集、および削除

デフォルトでは、セグメント数は選択するスキームによって決まります。限度を追加することにより、セグメントを作成することができます。新しいセグメントを作成すると、ポインタがその限度の値を示します。

次の手順を実行します。

  • [限度の追加] ボタンをクリックして、ゲージに限度を追加します。
  • 限度の値を変更するにはスライダを使用します。選択した限度の値を入力することもできます。
  • 選択した限度を削除するには、[限度の削除] をクリックします。

セグメントの編集

デフォルトでは、セグメント カラーは選択するスキームによって決まります。セグメントのカラーおよびその編集を変更することができます。

次の手順を実行します。

  • 色を変更するには、セグメントをクリックします。
  • [グラデーション] を選択すると、選択した限度のセグメント間で移行する際、異なる色のグラデーションが使用されます。