マスター アイテムへの色の割り当て

ビジュアライゼーション内の同じ軸およびメジャーの色に一貫性を持たせるようにするには、マスター アイテムに色を割り当てます。マスター軸およびマスター メジャーに割り当てる色は、すべてのビジュアライゼーションにおいて、それらのマスター アイテムのすべてのインスタンスで一貫して使用されます。ビジュアライゼーション内の同じ軸およびメジャーの色に一貫性を持たせるようにするには、マスター アイテムに色を割り当てます。 マスター軸およびマスター メジャーに割り当てる色は、すべてのビジュアライゼーションにおいて、それらのマスター アイテムのすべてのインスタンスで一貫して使用されます。 マスター アイテムで使用される色を変更すると、その色がマスター アイテムのすべてのインスタンスで更新されます。マスター アイテムの色は、任意で、個々のビジュアライゼーションにおいて無効にすることができます。

ビジュアライゼーションでは、ビジュアライゼーションのプロパティ パネルの [色と凡例] セクションで [単色] を選択すると、マスター軸の色が使用されます。ビジュアライゼーションのプロパティ パネルの [色と凡例] セクションで [単色] または [要素を塗り分ける] を選択すると、マスター メジャーの色が使用されます。

デフォルトでは、ビジュアライゼーションのデフォルトの [自動] 設定で [単色] または [要素を塗り分ける] を使用する場合には、マスター アイテムの色が自動的に適用されます。適用されない場合は、[カスタム] に切り替えて、サポートされている設定を選択する必要があります。マスター アイテムの色は、個々のビジュアライゼーションで無効にすることができます。

マスター軸とマスター メジャーの両方の色が指定されているビジュアライゼーションでは、Qlik Sense により、デフォルトでマスター軸の色に設定されます。マスター メジャーの色は、[ライブラリ カラーを使用] ドロップダウンを使用し、ビジュアライゼーションのプロパティ パネルの [色と凡例] セクションで [メジャー] を選択することによって適用できます。色が割り当てられているマスター メジャーと色が割り当てられていないメジャーが混在するビジュアライゼーションでは、その他のメジャーでデフォルトのパレット色が使用されます。

マスター軸には、個別の値を示す色を割り当てることができます。詳しくは「マスター軸の値への色の割り当て」を参照してください。

マスター メジャーでは、ビジュアライゼーションにおいて、それらの値にカスタム色グラデーションを適用できます。詳細については、「マスター メジャーの値への色の割り当て」を参照してください。

マスター アイテムに色を割り当てる場合には、以下のオプションを選択できます。

  • デフォルトのパレットから色を選択する
  • 16 進数の色コードを入力する
  • 詳細な色オプションを使用して色を選択する

デフォルトの色パレットからの色の割り当て

次の手順を実行します。

  1. シート表示で、ツール バーの [@編集] をクリックします。
  2. é をクリックして、マスター アイテムを表示させます。
  3. ライブラリからマスター アイテムを選択します。
  4. @ をクリックします。
  5. 色ドロップダウンで S をクリックします。
  6. パレットでいずれかの色を選択します。
  7. ダイアログ ボックスの外側をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。
デフォルトの色パレットおよび青色が選択されている色ダイアログ ボックス

Default color palette.

16 進数の色コードを使用した色の割り当て

次の手順を実行します。

  1. シート表示で、ツール バーの [@編集] をクリックします。
  2. é をクリックして、マスター アイテムを表示させます。
  3. ライブラリからマスター アイテムを選択します。
  4. @ をクリックします。
  5. 色ドロップダウンで S をクリックします。
  6. 入力フィールド # に 6 文字の色コードを入力します。
  7. ダイアログの外側をクリックするか、Enter を押します。
  8. [保存] をクリックします。

詳細な色オプションを使用した色の割り当て

次の手順を実行します。

  1. シート表示で、ツール バーの [@編集] をクリックします。
  2. é をクリックして、マスター アイテムを表示させます。
  3. ライブラリからマスター アイテムを選択します。
  4. @ をクリックします。
  5. 色ドロップダウンで S をクリックします。
  6. ダイアログの下部で [Ü] をクリックします。

    ダイアログに詳細オプションが表示されます。

  7. 色ホイールで色を選択します。

    選択した色が変わり、それに応じて 16 進数の色コードが更新されます。

  8. 任意で、スライダーを使用して色の彩度を調節します。

    彩度が変わり、それに応じて 16 進数の色コードが更新されます。

  9. ダイアログ ボックスの外側をクリックします。
  10. [保存] をクリックします。
高度なオプションのカラー ホイールおよび青色が選択されている色ダイアログ

Color wheel.