ValueLoop - チャート関数

ValueLoop() は、計算軸で使用される場合、合成軸を形成する反復処理された値のセットを返します。

生成される値は、from 値から始まり、to 値で終了します (step 増分の中間値を含む)。

注: ValueLoop 関数を用いて作成された合成軸を持つチャートでは、チャート式に同じパラメータを持つ ValueLoop 関数を再記述することで、特定の数式のセルに対応する軸の値を参照できます。 もちろん、この関数はレイアウト内ならどこででも使用できますが、合成軸に対して使用する場合を除き、この関数は集計関数内でのみ有効になります。
注: 合成軸は選択に影響されません。

Syntax:  

ValueLoop(from [, to [, step ]])

Return data type: dual

Arguments:  

引数 説明
from 生成する一連の値の開始値。
to 生成する一連の値の終了値。
step 値の増分量。

Examples and results:  

結果
ValueLoop(1, 10)

これにより、数字付きラベルのような目的に使用できるテーブルの軸などが作成されます。この例では、値は 1 から 10 になります。これらの値は数式で参照できます。

ValueLoop(2, 10,2)

この例では、引数 step が 2 になっているため、値は 2、4、6、8、10 になります。