RangeStdev - スクリプトおよびチャート関数

RangeStdev() は、数値の範囲の標準偏差を返します。

Syntax:  

RangeStdev(first_expr[, Expression])

Return data type: 数値

Arguments:  

この関数の引数には、値のリストをそれ自体の中で返すレコード間関数が含まれます。

引数 説明
first_expr メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
Expression メジャーの対象となるデータ範囲が含まれている任意の数式または項目。

Limitations:  

数値が見つからない場合は、NULL が返されます。

Examples and results:  

結果
RangeStdev (1,2,4)

1.5275252316519 を返します

RangeStdev (null( ))

NULL を返します

RangeStdev (above(SalesValue),0,3))

現在の行とその上の 2 つの行で計算された above() 関数から返された 3 つの値域のスライド標準偏差を返します。

例で使用されているデータ:

CustID RangeStdev(SalesValue, 0,3))
1-20

-,43.841, 34.192, 18.771, 20.953, 41.138, 47.655, 36.116, 32.716, 25.325,

38,000, 27.737, 35.553, 33.650, 42.532, 33.858, 32.146, 25.239, 35.595

SalesTable:

LOAD recno() as CustID, * inline [

SalesValue

101

163

126

139

167

86

83

22

32

70

108

124

176

113

95

32

42

92

61

21

] ;