Ceil - スクリプトおよびチャート関数

Ceil()は、step (offset によりシフト) に最も近い倍数に数値を切り上げます。

これは、数値の切り下げに使用する floor 関数とは対照的です。

Syntax:  

Ceil(x[, step[, offset]])

Return data type: 数値

Arguments:  

引数 説明
x 数値を入力します。
step 間隔は増分です。デフォルト値は 1 です。
offset

ステップ間隔の基準を定義します。デフォルト値は 0 です。

Examples and results:  

結果

Ceil(2.4 )

3 を返します

この例では、ステップの大きさは 1、ステップ間隔の基準は 0 となっています。

間隔は ...0 < x <=1, 1 < x <= 2, 2< x <=3, 3< x <=4... です

Ceil(4.2 )

5 を返します

Ceil(3.88 ,0.1)

3.9 を返します

この例では、間隔の大きさは 0.1、ステップ間隔の基準は 0 となっています。

間隔は ... 3.7 < x <= 3.8, 3.8 < x <= 3.9, 3.9 < x <= 4.0... です

Ceil(3.88 ,5)

5 を返します

Ceil(1.1 ,1)

2 を返します

Ceil(1.1 ,1,0.5)

1.5 を返します

この例では、ステップの大きさは 1、オフセットは 0.5 となっています。つまり、ステップ間隔の基準は 0 ではなく、0.5 です。

間隔は ...0.5 < x <=1.5, 1.5 < x <= 2.5, 2.5< x <=3.5, 3.5< x <=4.5... です

Ceil(1.1 ,1,-0.01)

1.99 を返します

間隔は ...-0.01< x <= 0.99, 0.99< x <= 1.99, 1.99 < x <=2.99... です