IRR - チャート関数

IRR() は、チャート軸に対して反復する value による数式の数値で表される一連のキャッシュ フローについて、集計された内部収益率を返します。

これらのキャッシュ フローは、年金のように均等である必要はありませんが、毎月または毎年のように、定期的に発生しなければなりません。内部収益率は、定期的に発生する支払い (負の値) と収入 (正の値) からなる投資の利率です。この関数の計算には、正の値と負の値が少なくとも 1 つずつ必要です。

Syntax:  

IRR([TOTAL [<fld {,fld}>]] value)

Return data type: numeric

Arguments:  

引数 説明
value メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
TOTAL

関数の引数の前に TOTAL の文字が配置されている場合、現在の軸の値に関連しているものだけでなく、現在の選択範囲内にあるすべての可能な値に対して計算が実行されます。つまりチャート軸は無視されます。

TOTAL [<fld {.fld}>] (ここで、TOTAL 修飾子の後には、1 つまたは複数の項目名のリストがチャート軸変数のサブセットとして続く) を使用して、合計絞込値のサブセットを作成できます。

集計範囲の定義

Limitations:  

内部集計に TOTAL 修飾子が含まれない限り、数式に集計関数を含めることはできません。 ネストされた集計関数が必要な場合、計算軸と組み合わせて高度な集計関数 Aggr を使用します。

テキスト値、NULL 値、欠損値は無視されます。

Examples and results:  

結果
IRR(Payments)

0.1634

支払いは定期的に発生するものとします (毎月など)。

注: XIRR の例では、Date 項目で支払日が指定されている限り、支払いは定期的でなくても構いません。

例で使用されているデータ:

Cashflow:

LOAD 2013 as Year, * inline [

Date|Discount|Payments

2013-01-01|0.1|-10000

2013-03-01|0.1|3000

2013-10-30|0.1|4200

2014-02-01|0.2|6800

] (delimiter is '|');