メイン コンテンツをスキップする

コンテナ

コンテナーは、限られたスペースにビジュアライゼーションを追加することができるオブジェクトです。コンテナー内では、条件に基づいてビジュアライゼーションを表示または非表示にすることもできます。

A container.

使用に適しているケース

コンテナーは、スペースに制約のあるダッシュボードで、ビジュアライゼーション間を素早く切り替えたい場合に役立ちます。コンテナーを使用し、以下の条件に基づいてさまざまなビジュアライゼーションを表示できます。

コンテナーの作成

編集中のシートでコンテナーを作成することができます。

  1. アセット パネルから、Container (コンテナー) オブジェクトをシートにドラッグします。
  2. プロパティパネルの ContentAddをクリックします。
  3. [Master items] (マスター アイテム) でマスター ビジュアライゼーションを選択するか、[Charts] (チャート) でビジュアライゼーションを新規作成します。

    別の方法: 使用可能なビジュアライゼーションを、シートまたは [Master items] (マスター アイテム) から直接コンテナー上にドラッグして、コンテンツをコンテナーに追加することができます。

  4. プロパティ パネル内でチャートをドラッグして、タブの順序を設定します。

これで、追加したビジュアライゼーションごとに 1 つずつのタブが付いたコンテナーが作成されました。タブを切り替えて、異なるビジュアライゼーションを表示できます。

表示条件の追加

作成したタブに表示条件を追加することができます。

  1. プロパティ パネルの [Content] (コンテンツ) で、表示条件を追加するチャートをクリックします。
  2. [Show condition] でチャートの表示条件を追加します。通常、If() 関数を使用します。

    if - スクリプトおよびチャート関数」を参照してください。

  3. 別の表示条件は異なるチャートに追加します。

    これで、追加した条件の結果に応じて、チャートが表示または非表示になります。チャートの条件が True の場合は表示され、False の場合は非表示になります。

既定のアクティブなタブの変更

既定では、コンテナを表示すると最初のタブが表示されます。これはプロパティ パネルで変更できます。

  1. プロパティ パネルの [スタイル] > [コンテナ] に移動します。

  2. [既定] タブのドロップダウンを使用して、ユーザーがシートを表示したときに表示するチャートを選択します。ドロップダウンには、コンテナに配置されているのと同じ順序で利用可能なチャートがリストされます。

  3. 新しいデフォルトのタブ設定が反映されているのを確認する場合は、ブラウザを一度閉じて、もう一度開きます。

コンテナ オブジェクトを含むブックマークの作成

既定では、選択項目のあるコンテナオ ブジェクトを含むブックマークを作成すると、ブックマークが選択されたときに最初のタブがアクティブになります。コンテナの別の既定のアクティブなタブを保存するには、そのタブを開いた状態でブックマークを作成するときに [レイアウトの保存] をオンに切り替えます。ブックマーク リストで右クリックして [既定のブックマークとして設定] を選択してそのブックマークを既定のブックマークとして設定すると、ブックマークの作成時にアクティブだった選択とタブがシートに表示されます。

  1. ツールバーで Bookmark をクリックします。

  2. [ブックマークの新規作成] をクリックします。

    必要に応じて、名前と説明を変更します。

  3. 既定のタブ以外のタブをアクティブなタブにする場合は、そのタブを開いた状態で [レイアウトの保存] をオンに切り替えます。これにより、プロパティ パネルの [既定] タブ設定が上書きされます。
  4. [保存] をクリックします。

表示の制限

  • コンテナー内に別のコンテナーがあるマスター ビジュアライゼーションを使用することはできません。
  • 同じマスター ビジュアライゼーションをコンテナに 2 回追加することはできません。
  • メジャーまたは軸をコンテナにドロップして、コンテナ内にチャートを作成することはできません。