メイン コンテンツをスキップする

手順 - クラウド展開へのアプリの公開

この例では、クラウド展開へのアプリの公開について説明します。この例では、組織は 2 つのクラウド展開を使用しています。管理者がタグとクラウド ハブの両方のプロパティを設定しました。アプリをクラウド展開に配布するためには、タグを付けて公開する必要があります。

前提条件

  • 管理者は、「配布ポリシー - 例」に記載されている配布ポリシーを設定済みである。
  • 公開するアプリがある。この例では、「基礎から始める」から入手できる Beginner's tutorial アプリを使用します。

タスク

  • タグ Region1 Region2 を含む Beginner's tutorial を 2 つのクラウド展開に公開します。

Beginner’s tutorial (初心者向けチュートリアル) を Region1 および Region2 タグ付きで公開する

次の手順を実行します。

  1. ハブで Beginner's tutorial を右クリックして [公開] を選択します。
  2. [ストリーム名] ドロップダウン リストからストリームを選択します。
  3. [管理] をクリックします。
  4. ドロップダウン リストから [展開] を選択し、値 Region1 を選択します。
  5. 前の手順を繰り返して、Region2 を追加します。
  6. [適用] をクリックします。
  7. [公開] をクリックします。

アプリはストリームに公開され、2 つのクラウド展開にも配信されます。アプリは、Management Console の [段階] タブの [アプリ] セクションに表示されます。ハブ ユーザーがアプリを利用できるようにするには、テナント管理者が管理されたスペースにアプリを割り当てる必要があります。