メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense November 2020 の新機能

このページ上

Qlik Sense November 2020 の新機能

拡張分析

ビジネス ロジック

堅牢なビジネス ロジック レイヤーは、ビジネス ルールとメタデータを作成して、インサイトを生成し、ユーザーと会話するときに Insight Advisor の動作をカスタマイズおよびガイドする機能を提供します。これには、項目の論理的なグループ化、データの分類、既定の動作の指定、優先関係の定義などの機能が含まれています。 自然言語処理は、より自然な相互作用のための語彙ルールや同義語の定義など、カスタマイズすることもできます。

ビジネス ロジックを使用した Insight Advisor のカスタマイズ

項目とグループの定義

パッケージを使用した論理モデル範囲の設定

階層を使用したドリルダウン分析の作成

論理モデルへの動作の適用

Insight Advisor の語彙の作成

K 平均法クラスタリング - 拡張された機能

Qlik Engine に搭載された K 平均法クラスタリングは 9 月にリリースされました。この関数を使用すると、類似性に基づいてデータ ポイントをクラスターにグループ化できます。これは、顧客のセグメンテーション、不正検出、およびその他の多くのユース ケースに非常に役立つ機能です。

このリリースでは、自動クラスタリングのサポートにより KMeans 関数が改善されました。ユーザーがクラスターの数に 0 を設定すると、そのデータセットに最適なクラスターの数が計算されます。この拡張機能は、Qlik の高度なクラスタリング機能に基づいています。

KMeans2D - チャート機能

KMeansND - チャート機能

KMeansCentroid2D - チャート関数

KMeansCentroidND - チャート関数

Insight Advisor のビジュアライゼーションの代替案

Insight Advisor は、検索ベースの分析で生成された結果の代替ビジュアライゼーション オプションを提供し、データが最も有用で意味のある方法で表示されるようにします。さらに、ユーザーは、Insight Advisor 分析内で代替を表示するときに、より多くのチャートの種類から選択できます。

Insight Advisor 分析タイプ

ビジュアル分析と使いやすさの向上

カスタム ツール ヒントの画像

ユーザーは、ツール ヒントにカスタム画像をロードして、より多くのスタイリング オプションを利用できるようになりました。メディア ライブラリの画像を掲載したり、URL で画像を参照したりできます。画像はオブジェクトにカーソルを合わせたときに追加のコンテキストを提供するための優れた方法であるため、これによりアプリ開発の柔軟性と拡張オプションがさらに提供されます。

ツール ヒント画像

アプリ間でのシートのコピー

ユーザーはアプリ間でシートをコピーして、パワー ユーザーとアプリケーション開発者の生産性を向上させることができます。これは、組織全体でより迅速なインサイトを促進するため、お客様からの要望の高い機能です。

オブジェクト間でのメジャーのコピー

アプリ開発をスピード アップするもう 1 つの機能であり、ユーザーはチャート間でメジャーをすばやくコピーできます。これは小さいながらも強力な機能拡張であり、組織内でより迅速なインサイトを促進します。

その他のチャート改善点

  • チャートの免責事項を非表示にする機能。 ユーザーは、追加のデータ ポイントの免責事項を表示するかどうかを決定できるようになりました。
  • ウォーター フォール グラフのメジャー制限が増加し、15 ではなく 50 のメジャーがサポートされるようになりました。
  • 他のものを含むテーブル ミニ チャートの拡張機能、および null

    メジャーへのミニ チャートの追加

使いやすさのルック アンド フィール

見栄えの良いアプリのための新しいモダンな Qlik Sense テーマ。色とフォントを選択するためのすっきりとしたスタイリング オプションを備えたモダンなルック アンド フィールを導入し、アプリが既定で新鮮な魅力を持ち、Qlik ブランドと一貫していることを保証します。

既定のアプリのテーマを変更する。