チャート推奨を使用したビジュアライゼーションの作成

Qlik Sense には、データに使用する幅広いビジュアライゼーションが用意されています。初めての Qlik Sense アプリを作成する場合、適切なチャートの種類を判断するのが難しい場合があります。チャート推奨を使用すると、データ項目を選択して、Qlik Sense によって軸、メジャー、およびビジュアライゼーション タイプを選択できます。項目を追加または削除するにつれて、行った変更に基づいて推奨のビジュアライゼーションが自動的に調整されます。重点的な一連のプロパティを使用して、推奨のビジュアライゼーションをカスタマイズできます。

ビジュアライゼーションを開始している場合、[推奨チャート] を有効にすると、自身のビジュアライゼーションが推奨のビジュアライゼーションに変化します。

警告: [推奨チャート] を有効にしてから無効にすると、ビジュアライゼーションに対して加えた変更が失われます。変更を元に戻すと、古いビジュアライゼーションを復元できます。ただし、シート表示から移動した場合や、アセット パネルで変更を行った場合、ビジュアライゼーションを元に戻して復元することはできません。詳しくは「操作を元に戻す/やり直す」を参照してください。

チャート推奨を使用したビジュアライゼーションの新規作成

次の手順を実行します。

  1. ツール バーで [Edit object編集] をクリックします。

    アセット パネルが左側に開きます。

  2. [H 項目] から、単一の項目をシートにドラッグ アンド ドロップします。

    軸として推奨された項目はテーブルまたはヒストグラムとして追加されます。メジャーとして推奨された項目は KPI として追加されます。

    項目をフィルター パネルとして追加するには、Shift キーを押したまま項目をドラッグ アンド ドロップ します。

  3. 次のいずれかの方法で他の項目を追加します。

    • 最初の項目で作成したビジュアライゼーションまたは右側の [Suggest] (推奨) に項目をドラッグ アンド ドロップします。

      Qlik Sense により、項目を軸として使用するのかメジャーとして使用するのか、および使用するメジャー集計が判断されます。

    • プロパティ パネルで [追加] をクリックし、項目を選択します。
    • [] または [メジャー] の [アイテムをここにドロップ ] に項目をドラッグ アンド ドロップします。

    項目が追加されると、ビジュアライゼーションが変化します。

  4. 必要に応じて、不要な項目を削除します。
  5. [@完了] をクリックします。

チャート推奨を使用した既存のビジュアライゼーションの変更

既存のビジュアライゼーションを変更するには、項目を追加するか、不要な項目を削除します。右側のプロパティ パネルで [推奨チャート] を有効にすると、選択したビジュアライゼーションは、ビジュアライゼーションの項目に基づいてチャート推奨に変化します。Qlik Sense によって作成された推奨は変更できます。例えば、次の操作が可能です。

  • [] 間および [メジャー] 間で項目をドラッグし、項目の使用方法を変更する。項目を [] に移動すると、その集計が削除されます。項目を [メジャー] に移動すると、集計が割り当てられます。
  • メジャーとして使用する項目に別の集計を選択する。[推奨チャート] が有効になっている場合、該当する項目をメジャーとして使用する場合は常に、選択した集計が使用されます。
  • [Change chart type] (チャートの種類の変更) を使用し、推奨のチャートとは異なるチャートの種類を選択する。

チャート推奨を使用する場合の設定の調整

[データ] と [外観] の設定はプロパティ パネルで調整できます。チャート推奨を使用して作成したビジュアライゼーションのプロパティ パネルには、重点的な一連のプロパティ設定が含まれます。[推奨チャート] を無効にすると、使用可能なすべてのプロパティにアクセスできるようになります。使用可能な項目の詳細については、ビジュアライゼーション のビジュアライゼーションのプロパティに関するトピックを参照してください。

チャート推奨を使用する際の制限事項

  • マスター ビジュアライゼーションでは [推奨チャート] を有効にすることはできません。
  • フィルター パネル、ヒストグラムまたはマップでは [推奨チャート] を有効にすることはできません。
  • Qlik NPrinting レポートでは、[推奨チャート] が有効になっているチャートに対応していません。チャート推奨を使用して作成したチャートを Qlik NPrinting レポートに含めるには、[推奨チャート] を無効にします。
  • ラベルが既定のラベルの場合、変更できるのはメジャーの集計のみです。
  • マスター軸を [メジャー] にドラッグすることはできません。マスター メジャーを [] にドラッグすることはできません。
  • 数式が単純な場合のみ、項目を [メジャー] から [] にドラッグできます。ビジュアライゼーションで数式を使用する方法の詳細については、「ビジュアライゼーションにおける数式の使用」を参照してください。