ピボット テーブルによるいくつかの軸およびメジャーに対する正確な値の表示

ピボット テーブルの効率性は、同じデータを持つピボット テーブルと通常のテーブルを比較することで説明できます。

Pivot table with dimensions Customer, Product Group, and Item and measures Quantity and Sales.

データ セット

次のテーブルには、CustomerProduct GroupItem の 3 つの軸、および QuantitySales の 2 つのメジャーがあります。

テーブルは、いくつかの食品の売上を示しています。データを並べ替えて分析を簡素化する場合、オプションは多少限定されています。列の順番は変更できますが、概要の表示は改善されません。プロパティ パネルのソート セクションで、または軸の列をクリックして、ソートの順番を設定することもできます。ただし、問題は解決しません。顧客、製品グループ、アイテムは、すべて複数回表示され、データの概要をとらえることができません。

Table with dimensions Customer, Product Group, and Item and measures Quantity and Sales.

ビジュアライゼーション

シートにピボット テーブルを追加し、次の 3 つの同じ軸を使用します。CustomerProduct GroupItem の 3 つの軸、および QuantitySales の 2 つのメジャーがあります。

Pivot table with dimensions Customer, Product Group, and Item and measures Quantity and Sales.

探索

ピボット テーブルでは、さらに凝縮された方法でデータを表示でき、分析と比較を簡素化できることがわかります。通常のテーブルと比較すると、ピボット テーブルでは行数は半分になり、列数は 5 列ではなく 3 列になっています。

ピボット テーブルの長所の 1 つは、その互換性です。つまり、行アイテムを列に、列アイテムを行に移動する機能です。この柔軟性は非常に強力で、データの並べ替えや同じデータ セットのさまざまなビューの取得が可能になります。焦点を当てる内容に応じて、軸とメジャーを移動し、着目するデータは前面に表示し、詳しすぎるまたは分析に関係のないデータは非表示にします。

ピボット テーブルには、CustomerProduct GroupItem 軸および QuantitySales のメジャーが表示されます。このビューには、各顧客の数量と売上の概要が表示されます。顧客が購入したアイテムや製品グループを参照するには、P をクリックして顧客フィールドを展開する必要があります。P アイコンは、展開が可能で詳細情報があることを示しています。Q アイコンは、折りたたみが可能でフィールド数や詳細情報を減らすことができることを示しています。