密度レイヤー

密度レイヤーでは、エリア内のポイントの密度を色傾斜を使用して視覚化できます。各ポイントは円形エリアに影響を及ぼし、中心に最も大きく影響して、外周に向かって影響が弱くなります。ポイントの影響半径を指定し、その色を変更して、ビジュアライゼーションに合わせて拡大縮小を行うことができます。密度レイヤーを使用して、アクティビティのホットスポット、人口密度などを表示できます。

世界の火山噴火の回数を表示する密度レイヤーでマッピングします。

Map with density layer.

密度レイヤーの追加

次の手順を実行します。

  1. 以下のいずれかを行います。

    • ポイント データが含まれた項目をマップにドラッグ アンド ドロップし、[新しいレイヤーとして追加] を選択して、[密度レイヤーとして追加] を選択します。
    • プロパティ パネルの [レイヤー] で、[レイヤーの追加] をクリックし、[密度レイヤー] を選択します。[] で、[追加] をクリックし、軸として使用するポイント データを含む項目を選択します。
  2. ポイントの場所に問題のある場合は、プロパティ パネルの [場所] 設定で場所を調整します。

    詳細については、「マップ レイヤーの場所の範囲の制限」を参照してください。

レイヤーが追加された後は、プロパティ パネルでレイヤーの設定を調整できます。設定について詳しくは、「マップ プロパティ」を参照してください。