On-Demand レポート コントロール

On-Demand レポート コントロールを使って、Qlik NPrinting レポートをオンデマンドで作成するためのボタンを追加します。表示/非表示コンテナーは Dashboard bundle に含まれています。

要件

  • 設計中の Qlik Sense アプリに接続される Qlik NPrinting アプリで Qlik NPrinting Server (June 2017 以降) へのアクセス権が必要です。この Qlik NPrinting アプリには、レポート テンプレートが含まれています。
  • On-Demand レポートを実行するすべてのユーザーが、On-Demand レポートの実行をサポートするセキュリティ ロールを持つユーザーとして、Qlik NPrinting で追加される必要があります。

使用に適しているケース

On-Demand レポート コントロールは、アプリでの選択をフィルターとして使用し、事前に定義された Qlik NPrinting レポートを Qlik Sense でユーザーが印刷できるようにする場合に有用です。

サーバーを信頼できるオリジンとして追加します

Qlik SenseまたはQlikViewWebサーバーでホストされるQlikViewAccessPoint でOn-Demandレポートを作成する場合、Qlik NPrinting web consoleでこれらのサーバーを信頼できるオリジンとして追加する必要があります。

Qlik NPrinting web consoleへのアクセスに使用されるサーバーパスごとに、信頼できるオリジンを追加する必要があります。たとえば、ローカルドメイン、短縮ホスト、または完全修飾URLを介してサーバーにアクセスできる場合、それらのサーバーパスごとに信頼できるオリジンを追加する必要があります。

信頼できるオリジンのアドレス項目にサーバーパスを入力する方法は、セキュリティ構成によって異なります。

構成 1:  SSL セキュリティがセットアップされていません Qlik NPrinting web console

Qlik NPrinting web consoleへのログオンに使用されるサーバーパスごとに、信頼できるオリジンが必要です。たとえば、サーバーがqlikserver1で、IPアドレスが 192.168.0.101 である場合、次の信頼できるオリジンを追加します:

  • http://qlikserver1
  • http://qlikserver1.domain.local
  • http://192.168.0.101

構成2:Qlik NPrinting web consoleおよびサードパーティを使用した SSL セキュリティのセットアップ

Qlik NPrinting web consoleへのログオンに使用されるサーバーパスごとに、信頼できるオリジンが必要です。URLはHTTPSを使用する必要があります。たとえば、サーバーがqlikserver1で、IPアドレスが192.168.0.101である場合、次の信頼できるオリジンを追加します:

  • https://qlikserver1
  • https://qlikserver1.domain.local
  • https://192.168.0.101

信頼できるオリジンを追加します

Do the following:

  1. Qlik NPrintingで、[管理] > [設定] をクリックします。
  2. [On-Demand設定] をクリックします。
  3. [信頼できるオリジンを追加] をクリックします。
  4. [名前] の後に、信頼できるオリジンの名前を入力します。
  5. [説明] の後に、信頼できるオリジンの説明を入力します。
  6. [アドレス] の後に、QlikView Serverの URL を入力します。

    URL はベースURL (スキームとホスト) のみである必要があります。たとえば、http://qlikserver1/qlikview/index.htmではなく、http://qlikserver1です。

  7. [作成] をクリックします。

Qlik NPrinting ServerOn-Demand設定の構成

Qlik NPrinting Serverでこれらの設定を構成する必要があります:

  • QlikView ServerまたはQlik Senseサーバーへの接続が必要です。

    QlikView ServerおよびQlikViewのクラスタ接続はOn-Demandで対応されます。ローカル接続は対応されていません。参照先:接続の作成

  • QlikView ServerエクストラネットライセンスでQlikView Serverまたはクラスタに接続している場合、接続の構成時に次のオプションを有効にする必要があります。
    • 接続には認証が必要です
    • レポートにユーザーセクションアクセスを適用します
  • On-DemandQlik NPrintingレポートを有効にする必要があります。
  • セキュリティロールを通じてOn-Demandレポートの作成を制限できます。参照先:ロールベースのセキュリティ
注:

On-Demand Chrome、Firefox、およびExplorerと互換性があります。証明書はダウンロードされないため、Microsoft Edgeでは実行されません。

On-Demand作成のためにQlik NPrintingレポートを有効にします

Qlik NPrintingレポートは、On-Demand作成のために手動で有効にする必要があります。レポートは、On-Demandレポートを生成するQlikViewドキュメントまたはQlik Senseアプリに割り当てる必要があります。On-Demand 新しいレポートの作成中に作成を有効にできます。

Do the following:

  1. Qlik NPrinting web consoleで、[Reports (レポート)]をクリックします。
  2. レポートを開くか、新しいレポートを作成します。
  3. [App (アプリ) ] ドロップダウンリストからアプリを選択し、レポートを生成するQlikViewドキュメントまたはQlik Senseアプリに接続します。

    注: On-Demand リクエストは、単一の接続に基づくレポートでのみ機能します。MultiDoc レポートは対応されていません。
  4. [On-Demandを有効にする] チェック ボックスを選択します。
  5. [保存] をクリックします。

レポートテンプレートが利用可能になりました。

On-Demandレポートボタンの作成

編集中のシートに On-Demand レポート ボタンを作成することができます。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルの [カスタム オブジェクト] > [Dashboard bundle] から、On-demand reporting をシートにドラッグします。
  2. プロパティ パネルの [NPrinting Connection] にある [Server Connection] でサーバー接続を設定します。URL の末尾には / が必要です。

    Example: https://<server name>:4993/

  3. [Choose App] で、レポート テンプレート アプリを格納する Qlik NPrinting アプリを選択します。
  4. [Choose Connection] で Qlik NPrinting 接続を選択します。リストには、作業している Qlik Sense アプリへの Qlik NPrinting 接続のみが表示されます。
  5. [Report Configuration] にある [Choose Report] で、ボタンに接続するレポートを選択します。
  6. [Default Export Format] で、レポートの既定のエクスポート書式を選択します。
  7. [Appearances] にある [Button Label] でボタンのラベルを設定します。

これで、On-Demand レポート ボタンが作成されました。ボタンをクリックすると、レポートが生成されます。

レポートの生成

Qlik Sense アプリでの現在の選択にしたがってフィルタリングされたレポートを生成することができます。この場合、分析モードにする必要があります。

注: フィルターは、Qlik NPrinting レポート テンプレートに含まれている項目に対してのみ適用できます。そうしなかった場合、レポートが失敗します。数式を使用して選択にフィルターを適用することはできません。
  1. 作成したボタンをクリックします。

    [Export] ダイアログが開き、レポート生成の状態が表示されます。

  2. レポートが生成されると、ダウンロード ボタンがアクティブ化されます。ダウンロード ボタンをクリックして、レポートをダウンロードします。

これでレポートをダウンロードできました。

ヒント: [Export] ダイアログの [New Report] ボタンを使用して、利用可能な Qlik NPrinting On-Demand レポートを生成することもできます。レポートの選択と書式のエクスポートが求められます。

制限事項

全般的な制限事項については、「Qlik が提供するオブジェクト バンドルの 制限」を参照してください。

  • Qlik NPrinting レポート テンプレートにフィルターが含まれる場合、Qlik Sense アプリで競合する選択を行うことができず、選択が競合するとレポートの生成に失敗します。
  • マッシュアップでOn-Demandレポートコントロールを使用する場合、Windows認証を使用する必要があります。ヘッダーの認証には対応していません。

    さらに、マッシュアップに複数のアプリが含まれる場合、On-Demandレポートのフィルターには、On-Demandの発信元アプリのみを使用できます。