Associative Insights によるデータの発見

Associative Insights により、データ内に存在する関係を明らかにします。Qlik cognitive engine は、項目のサブセット内に除外値がないかどうかデータ モデルを検索します。それらの値はハイライト表示されるため、探索することができます。

選択内容と除外値の寄与度をメジャーに対して比較することができます。すべてのデータ セット、特に複雑なデータ セットでは、これにより盲点を発見し、見過ごした可能性のある関係を明らかにすることができます。

制限事項

アプリに対して適切なアクセス権を持っているアプリ消費者は、Associative Insights を使用できます。アプリ消費者は、Qlik Sense Enterprise または Qlik Core サーバーに接続する必要があります。以下の操作は実行できません。

Associative Insights の選択ビュー

洞察の生成時、Qlik Sense は選択を確認し、データ モデル内の除外値を分析します。次に、さらに探索できる関心対象のデータをハイライト表示します。そのデータはカードに表示され、クリックするとさらに詳細なビューが表示されます。

Associative Insights の選択ビュー

A: 選択

現在適用されている選択内容。最上部のリスト ボックスには、現在の選択条件に関連付けられているデータが表示されます。その他のリスト ボックスには、現在の選択条件から除外されているデータが表示されます。

B: アプリ軸

選択可能なアイテム。既定では、マスター アイテムのみが表示されます。[項目を表示する] を選択して、すべての項目を表示します。

C: メジャー

洞察を得るために Qlik Sense が選択したメジャー。メジャーはドロップダウン メニューで変更できます。

D: 含められた値

このカードは、含められた値を表します。

E: 除外値の洞察

洞察カードには、除外値のメジャーへの影響が表示されます。この場合は、カナダ (CAN) にいない一人の従業員 (EmployeeName) が年間の売上 (YearlySales) の 37.8% に寄与したことを示しています。紫は洞察を示します。カードをクリックすると洞察詳細ビューが表示されます。

F: [軸を追加] ドロップダウン

このドロップダウンを使用して、[除外値からの洞察] セクションにカードを追加できます。

洞察カードの詳細ビュー

シンプルな sum() メジャーがある場合、詳細ビューに詳細チャートが表示されます。

Associative Insights のカード詳細ビュー

A: 詳細ビュー

現在選択されているカードの詳細ビュー。チャートをクリックしてテーブル内のデータを確認します。紫は洞察を示します。

B: メジャーおよび含められた値

ドロップダウンを使用して、現在のメジャーを変更できます。下のカードは、含められた値を表します。

C: 除外値の洞察

これらのカードは、除外値を表します。カードをクリックすると、詳細ビューでチャートを変更できます。

D: 現在選択されている軸カード

現在選択している軸の周囲に暗色の枠が表示されます。

E: 分析結果 - 洞察なし

これらの値は分析されていますが、関連する洞察はありません。

F: [軸を追加] ドロップダウン

このドロップダウンを使用して、[除外値からの洞察] セクションにカードを追加できます。

洞察カードの KPI ビュー

詳細ビューには、次の 2 つの条件で KPI チャートが表示されます。

  • メジャー集計は sum() 以外です。
  • メジャー集計は sum() ですが、データ モデルは標準の積み上げチャートに適していません。
Associative Insights のカード詳細 KPI レイアウト

Insights advisor card KPI view

洞察の生成

Do the following:

  1. アプリのシートで、[選択] をクリックします。[選択] ウィンドウが開きます。ウィンドウには、[Associative insights] パネルがあります。

  2. [アプリ軸] で値を 1 つ選択します。

    既定では、マスター アイテムのみが表示されます。[項目を表示する] を選択して、すべての項目を表示します。次に、表示されている項目の中から値を 1 つ選択できます。詳しくは「選択ツールの使用」を参照してください。

  3. [洞察を生成] をクリックします。

  4. カードが右側のパネルに表示されます。カードには、データ内の軸およびメジャーに対する選択の影響が示されます。

  5. 評価するメジャーを変更できます。[メジャー] ドロップダウン メニューから新しいメジャーを選択します。
  6. カードをクリックして Associative Insight についての詳細を確認します。

選択項目は、[Associative Insights] ウィンドウでいつでも選択または変更できます。選択を行って [更新] をクリックします。新しい選択に基づいてカードが更新されます。

Associative Insights の例: 残されたデータなし

この例では、シンプルなデータ セットを使用して洞察を発見します。

サンプル データ - Associative Insights

Do the following:

  1. 以下は、[選択] ウィンドウが開いた状態のアプリのビューです。[] 項目では「CAN」を選択しました。US は、代替選択値なので薄い灰色になっています。[EmployeeID]、[EmployeeName]、[YearlySales] 項目の値は、可能な値なので白色になっています。言い換えると、これらの項目は選択した CAN に関連付けられています。

    the generate insights button

  2. [洞察を生成] をクリックすると、Qlik Sense は関心のあるデータを選択して Associative Insights のカードに表示します。CAN は年間売上の 62.2% に寄与していることが分かります。また、一番下のカードを見ると、従業員の一人 (または全 EmployeeName の 5%) がこの選択から除外されていることも分かります。この従業員は年間売上の 37.8% に寄与しています。紫は洞察を示します。

    Associative insights with one selection

  3. カードをクリックすると、Qlik Sense にはそのデータの詳細ビューが表示されます。このビューには、除外された従業員の年間売上への寄与度が示されます。この従業員はだれか? この従業員は CAN の選択から除外されていることは分かっています。[除外された値のデータを表示] をクリックします。

    Associative insights card detailed view

  4. [EmployeeName] 項目から除外された値である、Kasie に関する情報を示したテーブルが表示されます。[除外値を選択] をクリックして Kasie を選択値として適用します。

    Associative insights card detailed view after clicking Reveal data for the excluded values

  5. [選択] ウィンドウが再び表示されます。Kasie が選択されています。前の選択 CAN での値はこの時点で除外されているため、濃い灰色になっています。

    [選択を探索する] をクリックして、[洞察を生成] をクリックします。

    Associative insights with previously excluded values included

  6. EmployeeName カードをクリックすると、更新された洞察カードの詳細ビューが表示されます。

    Detailed view showing Kasie as selected value

アプリで Associative Insights を無効にする

変数を追加してアプリを更新することで、アプリ内での Associative insights を無効にすることができます。

次の手順を実行します。

  1. シート編集モードのアセット パネルで、[Ò] をクリックします。
  2. [新規作成] をクリックします。
  3. [名前] で、「DISABLE_SELECTION_INSIGHTS」と入力します。
  4. [定義] で、任意の値を入力します。
  5. [Close] (閉じる) をクリックします。
  6. アプリを更新します。

Associative Insights のトラブルシューティング

Associative Insights が表示されません

Possible cause  

スクリプト変数によってこの機能が無効化されています。

Proposed action  

管理者に連絡してください。

洞察を利用できません

Possible cause  

Qlik Sense がオフラインになっているか、Qlik Sense サーバーに接続されていません。

Proposed action  

オンラインになっていることを確認してください。Qlik Sense サーバーにログインして再試行してください。問題が解決しない場合は、エンジンに問題がある可能性があります。

[My dimensions] (個人用の軸) に項目がありません

Possible cause  

[項目を表示する] が選択されていないため、マスター軸のみを表示できます。

Proposed action  

[選択] 画面で、[項目を表示する] を選択します。