RangeNPV - スクリプト関数

RangeNPV() は、割引率および一連の将来の定期的な支払 (負の値) および収入 (正の値) に基づき、投資の正味現在価値を返します。結果は、money のデフォルトの数値書式で返されます。

必ずしも定期的でないキャッシュフローについては、RangeXNPV - スクリプト関数 を参照してください。

Syntax:  

RangeNPV(discount_rate, value[,value][, Expression]) 

Return data type: 数値

Arguments:  

引数 説明
discount_rate 期間あたりの利率。
value 各期末に発生する支払または収入。それぞれの値は、3 番目のオプション パラメータを持つレコード間関数によって返される、単一値または値域を表している可能性があります。
Expression メジャーの対象となるデータ範囲が含まれている任意の数式または項目。

Limitations:  

テキスト値、NULL 値、欠損値は無視されます。

結果

RangeNPV(0.1,-10000,3000,4200,6800)

1188.44 を返します

アプリにスクリプト例を追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をアプリのシートに追加して結果を表示します。

RangeTab3:

LOAD *,

recno() as RangeID,

RangeNPV(Field1,Field2,Field3) as RangeNPV;

LOAD * INLINE [

Field1|Field2|Field3

10|5|-6000

2|NULL|7000

8|'abc'|8000

18|11|9000

5|5|9000

9|4|2000

] (delimiter is '|');

結果テーブルには、テーブルの各レコードに対する RangeNPV の戻り値が表示されます。
RangeID RangeNPV
1 $-49.13
2 $777.78
3 $98.77
4 $25.51
5 $250.83
6 $20.40