Exists - スクリプト関数

Exists() は、特定の項目値がデータ ロード スクリプトの項目にすでにロードされているかどうかを決定します。この関数は TRUE または FALSE を返すため、LOAD ステートメントまたは IF ステートメントの where 句で使用できます。

注: Not Exists() を使用して、項目値がロード済みかどうかを判断することもできますが、Not Exists() を where 節で使用する場合は、用心するようお勧めします。Exists() 関数は、以前にロードされたテーブルと、現在のテーブルに以前にロードされた値の両方をテストします。そのため、最初の出現のみがロードされます。2 番目の出現に遭遇したときには、値はすでにロード済みです。詳細については、例を参照してください。

Syntax:  

Exists(field_name [, expr])

Return data type: ブール値

Arguments:  

引数 説明
field_name

値を検索する項目の名前。明示的な項目名を引用符なしで使用できます。

この項目は、スクリプトによってロード済みでなければなりません。つまり、スクリプト内の節にロードされた項目を参照することはできません。

expr

存在するかどうかを確認したい値。明示的な値または数式を使用して、現在の Load ステートメント内の 1 つまたは複数の項目を参照できます。

注: 現在の Load ステートメントに含まれていない項目を参照することはできません。

この引数は省略可能です。省略した場合、この関数で、現在のレコード内に field_name の値がすでに存在しているかどうかが確認されます。