公開のワークフロー

Qlik Sense Enterprise 展開に応じて、アプリを開発して公開する方法は異なります。

アプリを自身で開発し、ストリームに公開して消費者が使用できるようにすることができます。アプリをコラボレーションして開発している場合は、アプリをストリームに公開すると、そこでレビューアーおよびコラボレーターがシートおよびストーリーを追加できます。その後これらのシートおよびストーリーをアプリのベース コンテンツに含めてから、消費者向けにストリームに公開できます。

アプリの開発および公開のワークフローのサンプルは以下のとおりです。

  1. アプリを Qlik Sense Enterprise の確認ストリームに公開します。

    データ モデルを作成し、アプリにビジュアライゼーションを作成したら、確認専用のストリームに公開すると、他の Qlik Sense Enterprise ハブ ユーザーがアクセスし、コラボレーションしてフィードバックを提供できます。

    アプリの公開の詳細については、「 ハブからのアプリの公開」を参照してください。

  2. 公開済みアプリのコラボレーションによる開発を管理します。

    アプリを確認ストリームに公開すると、他の開発者がシートやストーリーをアプリに追加できるようになります。シートおよびストーリーは既定では個人用です。ただし、開発者はそれらをコミュニティ シートおよびストーリーとして公開し、他のユーザーが使用できるようにすることができます。

    アプリの所有者はコミュニティ シート/ストーリーをアプリのベース シート/ストーリーに追加できます。これによって、アプリを複製またはエクスポートするときに、シートとストーリーがアプリに含まれるようになります。

    詳細については、以下のトピックを参照してください。

    シートの公開

    ストーリーの公開

    アプリのベース シートへのシートの追加

    アプリのベース ストーリーへのストーリーの追加

  3. アプリのプロパティを管理します。

    Qlik Sense 管理者は、アプリへのアクセスを特定のユーザーまたはグループに限定するなどのタスクに使用する、カスタム プロパティを作成できます。これらのカスタム プロパティを、ハブ内のアプリに追加できます。

    アプリのプロパティの詳細については、「 アプリのプロパティの管理」を参照してください。

  4. 公開済みのアプリを消費ストリームに移動します。

    アプリの確認およびコラボレーションによる開発が完了したら、公開済みのアプリを消費ストリームに移動すると、そこで対象消費者がアプリにアクセスできます。

    ストリーム間でのアプリの移動の詳細については、「ハブからのアプリの公開」を参照してください。

  5. アプリを再公開します。

    オプションで、アプリを再公開して、新しいベースシートやデータ モデルへの更新などの、必要な更新を公開済みのアプリに行います。

    公開済みアプリの更新の詳細については、「 ハブからのアプリの再公開」を参照してください。

  6. アプリを廃止してアーカイブ ストリームに移動します。

    アプリが不要になった場合には、消費ストリームから削除してアーカイブ ストリームに移動できます。

    アプリの移動の詳細については、「 ハブからのアプリの公開」を参照してください。