データ マネージャーでのテーブルの結合

Join は、2 つのテーブル データを手動で結合するために使用できる演算であり、選択した設定に応じてさまざまな結果を生成します。これにより、連結よりも結合されたテーブルをより細かく制御できます。連結の詳細については、「[データ マネージャー] でのテーブルの連結」を参照してください。

Join 演算は、2 つのテーブルを取得して 1 つに結合し、1 つまたは複数の共通項目の共通の値の重複に基づいて、元のテーブル両方の項目を結合します。次の複数の演算子を、Join 演算に適用できます。OuterInnerLeft、および Right

警告: 結合されたテーブルは、その中で結合されているテーブルと同じぐらいのメモリ量を占有し続けます。結合されたテーブルを過度に使用すると、 Qlik Sense の速度が低下する場合があります。join 演算によって除外される情報には、テーブルが分割されるまで Qlik Sense からアクセスできません。

Join 演算子

Join 演算子には次の 4 つがあります。Outer joinInner joinLeft join、および Right join。選択した演算子によって、重複する項目または値を含めるか除外するかを指定します。

注: Join 演算子が Left テーブルと Right テーブルを参照する場合、選択順にそれぞれ 1 番目と 2 番目のテーブルを参照します。

Outer join

一方または両方のテーブルに重複する項目値が表されている場合、Outer join 演算子は 2 つのテーブルの値について可能な組み合わせをすべて含めます。詳細な説明および例については、スクリプト参照エントリ「Outer」を参照してください。

Example:  

First table

 

A

B

1

aa

2

cc

3

ee

Second table

 

A

C

1

xx

4

yy

結合されたテーブル

 

 

A

B

C

1

aa

xx

2

cc

3

ee

4

yy

Inner join

両方のテーブルに重複する項目値が表されている場合、Inner join 演算子は 2 つのテーブルの値の組み合わせのみを含めます。詳細な説明および例については、スクリプト参照エントリ「Inner」を参照してください。

Example:  

First table

 

A

B

1

aa

2

cc

3

ee

Second table

 

A

C

1

xx

4

yy

Joined table

 

 

A

B

C

1

aa

xx

Left join

最初のテーブルに重複する項目値が表されている場合、Left join 演算子は 2 つのテーブル値の組み合わせを含めます。詳細な説明および例については、スクリプト参照エントリ「Left」を参照してください。

Example:  

First table

 

A

B

1

aa

2

cc

3

ee

Right table

 

A

C

1

xx

4

yy

Joined table

 

 

A

B

C

1

aa

xx

2

cc

 

3

ee

 

Right join

2 番目のテーブルに重複する項目値が表されている場合、Right join 演算子は 2 つのテーブルの値の組み合わせを含めます。詳細な説明および例については、スクリプト参照エントリ「Right」を参照してください。

Example:  

First table

 

A

B

1

aa

2

cc

3

ee

Second table

 

A

C

1

xx

4

yy

Joined table

 

 

A

B

C

1

aa

xx

4

 

yy

テーブルの結合

[テーブルの連結または結合] パネルにアクセスするには、データ マネージャー¥ をクリックし、[連結または結合] をクリックして、2 つのテーブルを選択します。[テーブルの連結または結合] でテーブルを選択すると、Qlik Sense で項目が分析され、一致するすべての項目が自動的にマッピングされます。明確に一致する項目がない場合、項目は未マッピングのまま残されます。結合が適用されると、マッピングされた項目が結合テーブルで組み合わされます。マッピングされていない項目は、対応する値が存在しない行に null 値を持つ個別の項目として含まれるか、値のインスタンスが重複していない場合は完全に除外されます。

[テーブルの連結または結合] で選択された最初のテーブルは、プライマリー テーブルとして、つまり他のテーブルの結合先のテーブルとして設定されます。結合されたテーブルでは、手動で名前を変更しない限り、プライマリー テーブルのテーブル名と項目名が使用されます。プライマリー テーブルは、 ボタンを使用して変更できます。[テーブルの連結または結合] では、プライマリー テーブルの項目を上段行に、セカンダリー テーブルの項目を下段行にして、項目を 2 行に並べます。プライマリー テーブルとセカンダリー テーブルは ボタンを使用して入れ替えることができます。

[マッピングの編集] を使用して既定のマッピングを変更し、マッピングする項目を選択するか、未マッピングのままにするか、または結合されたテーブルから除外することができます。[マッピングの編集] には、マッピングを編集するためのドラッグ アンド ドロップ インターフェイスと、テーブルのすべての項目が一覧表示される [項目] パネルが表示されます。項目は、プライマリー テーブルの項目の下までドラッグすることによってマッピングできます。項目は、[項目] パネルの項目の横にある により、または項目の上段行にドラッグすることにより、新しい未マッピング項目として追加できます。[項目] パネルでは、未マッピング項目に ù のマークが付きます。結合されたテーブルから削除された項目はそのテーブルに含まれていないので、テーブルに結合が適用された後に Qlik Sense で使用することはできません。

マッピングが適用され、テーブルが結合されると、マッピングされた項目を編集することはできませんが、結合されたテーブルを分割してテーブルを元の状態に復元することによってテーブルから削除することができます。

データ マネージャーでテーブルを結合するには、次の手順を実行します。

  1. 結合するテーブルを選択します。
  2. 任意で、結合されたテーブルの名前と項目名を変更します。
  3. 任意で、マッピングを編集します。
  4. Join 演算子を選択します。
  5. テーブルを結合します。

結合するテーブルの選択

次の手順を実行します。

  1. [データ マネージャー] の下段行で、¥ をクリックします。
  2. [連結または結合] をクリックします。

    [テーブルの連結または結合] パネルが開きます。

  3. 2 つのテーブルを選択します。

    両方のテーブルの項目は、[テーブルの連結または結合] パネルでマッピングされるか、未マッピングのままになります。

  4. 各項目の一意の値のサンプルをプレビューするには、 をクリックします。
  5. プライマリー テーブルとセカンダリー テーブルを切り換えるには、 をクリックします。

テーブル名と項目名の変更

次の手順を実行します。

  1. [テーブルの連結または結合] パネルで、[テーブル名] 項目に新しいテーブル名を入力します。
  2. [項目名] フィールドに、新しい項目名を入力します。

マッピングの編集

次の手順を実行します。

  1. [テーブルの連結または結合] パネルで、[マッピングの編集] をクリックします。
  2. 2 つの項目をマッピングするには、プライマリー テーブル項目の下でテーブル項目をクリックしてドラッグします。
  3. 新しい未マッピング項目を追加するには、テーブル項目をクリックして項目の上段行にドラッグします。
  4. 結合されたテーブルから項目を削除するには、項目で E をクリックします。
  5. 削除された項目をテーブルに戻すには、[項目] パネルで項目の横の をクリックします。
  6. [マッピングの編集] をクリックして [マッピングの編集] を閉じます。

join 演算子の選択

次の手順を実行します。

  1. [テーブルの連結または結合] パネルで、[アクションを選択] をクリックします。
  2. 次のリストから演算子を選択します。Outer joinInner joinLeft join、または Right join

テーブルの結合

次の手順を実行します。

  • [テーブルの連結または結合] パネルで、[適用] をクリックします。

これでテーブルが結合されます。

結合テーブルの分割

結合が不要になった場合、結合されたテーブルをソース テーブルに分割できます。

注:

結合されたテーブルを分割すると、結合されたテーブルのすべての関連付けとともに、プライマリー テーブルとセカンダリー テーブルの相互の関連付けすべてが削除されます。結合されたテーブルを分割する際に関連付けを維持したい場合は、テーブルを分割する代わりに B をクリックして結合を元に戻します。データをデータ マネージャーにロードした後に、B を使用して結合を元に戻すことはできません。

結合テーブルの分割

次の手順を実行します。

  1. 結合されたテーブルを選択します。
  2. [] をクリックします。

これでソース テーブルに分割されます。ソース テーブルのすべての項目とその項目は、結合前の名前となります。結合結されたテーブルを分割すると、結合の 1 つのレベルのみが分割されるため、分割された結合テーブルの一部であったすべての結合されたテーブルでは独自の結合が保持されます。