ファイルからのデータのロード

Qlik Sense では、さまざまなファイル形式からデータを読み込むことができます。

ファイル形式

次のデータ ファイル形式に対応しています:

  • テキスト ファイル: 項目のデータは、コンマ、タブ、セミコロンなどの区切り文字で区切る必要があります。例: コンマ区切り変数 (CSV) ファイル。

  • HTML テーブル
  • Excel ファイル: パスワードで保護されている Excel ファイルからデータをロードすることはできません。詳細については、「Microsoft Excelスプレッドシートからのデータのロード」を参照してください。

  • XML ファイル
  • Qlik ネイティブ QVD および QVX ファイル
  • 固定長レコード ファイル
  • Data Interchange Format (DIF) ファイル:DIF ファイルはデータ ロード エディターでのみロード可能です。

接続の種類

複数の種類のデータ接続からファイルをロードできます。

DataFiles 接続は、アクセスできるスペースごとに自動的に作成されます。たとえば、データ接続の下に表示される場合があります。

  • DataFiles: 個人スペースへの接続。
  • DataFiles (マーケティング部): 共有スペースへの接続。

編集権限がある場合は、共有スペースのフォルダからファイルをロードおよび保存することもできます。詳細については、「Adding data from uploaded data files」を参照してください。

注: DataFiles 接続のファイル拡張子は大文字と小文字を区別します。例: .qvd

ファイルからデータをロードする方法

ファイルからデータをロードする方法は、次のようにいくつかあります。

注: スペース内での編集権限を持つユーザーは、そのスペースで DataFiles の読み取り、書き込み、およびロードを行うことができます。その他のユーザーは DataFiles を表示することはできません。

データ ロード エディターでデータ接続からデータを選択する

[データ接続] に移動し、 Data Selection[データ選択] ダイアログを使用して、ロードするデータを選択できます。

詳細については、「データ ロード エディタでデータを選択」を参照してください。

スクリプト コードを作成してファイルからデータをロードする

ファイルはスクリプト内の LOAD ステートメントによりロードされます。LOAD ステートメントには、スクリプト式一式を含めることができます。別の Qlik Sense アプリからデータを読み込むには、Binary ステートメントを使用します。

詳細については、「 Load」を参照してください。

ローカルおよびネットワークのファイル フォルダーからのファイルのロード

フォルダ接続を使用して、ローカルおよびネットワークのファイル フォルダからファイルをロードすることができます。

データ接続の設定
UI 項目 説明
パス

データ ファイルを含むフォルダへのパス。次のいずれかの方法が可能です。フォルダを選択し、有効なローカル パスを入力するか、UNC パスを入力します。

有効なパスの例: C:\data\DataFiles\

UNC パスの例: \\myserver\filedir\

注: パス内にあるマッピングされたネットワーク ドライブは使用できません。
名前 データ接続の名前。

Web リソースからのファイルのロード

Web ファイル データ接続を使用して、FTPHTTPHTTPS などの Web リソースからファイルをロードすることができます。ファイルは、Qlik Sense に対応している任意のタイプにすることができます。

Web ファイル データ接続の設定
UI 項目 説明
URL

接続する Web ファイルの完全な [URL] (プロトコル識別子を含む)。

Example: http://unstats.un.org/unsd/demographic/products/socind/Dec.%202012/1a.xls

FTP ファイルに接続する場合は、URL のユーザー名およびパスワードに「:」や「@」などの特殊文字を使用しなければならないことがあります。このような場合、特殊文字をパーセント記号 (%) およびその文字に対応する ASCII 16 進数コードに置換する必要があります。たとえば、「:」は'%3a'、「@」は'%40'に置き換えます。

名前 データ接続の名前。

Web ファイル データ接続における URL セットは、既定では静的ですが、書式指定設定である URL is により、この URL を上書きすることができます。これは、動的に作成された URL からデータをロードする必要のある場合に便利です。

詳細については、「URL is」を参照してください。

動的に作成された URL からのデータのロード

この例では、Qlik CommunityNew to Qlik Sense というフォーラムの最初の 10 ページからフォーラムへの投稿をロードします。フォーラムには、1 ページにつき 20 個の投稿があり、URL の最後のパラメータである start により、ページの最初の投稿として表示される投稿を設定します。この例の URL では、投稿番号 20 番から 20 個の投稿がページに表示されます。

https://community.qlik.com/community/qlik-sense/new-to-qlik-sense/content?filterID=contentstatus%5Bpublished%5D~objecttype~objecttype%5Bthread%5D&itemView=detail&start=20

 

カウンタ i では、1 ステップあたり 20 で 180 までページを進めます。これは、For ループが 10 回実行されることを意味します。

ページをロードするには、URL is 設定の URL の最後で、スタート ページを $(i) に置き換えます。

For i = 0 to 180 step 20 LOAD Title1, "Author", F6 As Replies, Views, "Latest activity" FROM [lib://x2] (URL IS [https://community.qlik.com/community/qlik-sense/new-to-qlik-sense/content?filterID=contentstatus%5Bpublished%5D~objecttype~objecttype%5Bthread%5D&itemView=detail&start=$(i)], html, utf8, embedded labels, table is @1); Next i;

これにより、フォーラムの直近の投稿 200 個が、タイトル、投稿者、返信数、閲覧数、最新アクティビティの日時とともに、テーブルにロードされます。