標準的な t-test レポートの作成

標準的なスチューデント t-test レポートには、Group StatisticsIndependent Samples Test の結果を含むテーブルを掲載できます。以下のセクションでは、Qlik Senset-test 関数を 2 つの独立したサンプル グループ、ObservationComparison に適用してテーブルを構築します。これらのサンプルに対応するテーブルは以下のようになります。

Group Statistics

Type N Mean Standard Deviation Standard Error Mean
Comparison 20 11.95 14.61245 3.2674431
Observation 20 27.15 12.507997 2.7968933

Independent Sample Test

  t df Sig. (2-tailed) Mean Difference Standard Error Difference 95% Confidence Interval of the Difference (Lower) 95% Confidence Interval of the Difference (Upper)
Equal Variance not Assumed 3.534 37.116717335823 0.001 15.2 4.30101 6.48625 23.9137
Equal Variance Assumed 3.534 38 0.001 15.2 4.30101 6.49306 23.9069

サンプル データのロード

次の手順を実行します。

  1. 新しいシートでアプリを新規作成し、このシートを開きます。
  2. データ ロード エディタに以下を入力します。

    Table1:

    crosstable LOAD recno() as ID, * inline [

    Observation|Comparison

    35|2

    40|27

    12|38

    15|31

    21|1

    14|19

    46|1

    10|34

    28|3

    48|1

    16|2

    30|3

    32|2

    48|1

    31|2

    22|1

    12|3

    39|29

    19|37

    25|2 ] (delimiter is '|');

    このロード スクリプトでは、crosstable に 3 つの引数が必要となるため、recno() が含まれています。よって、recno() により追加の引数 (この場合は各行の ID) が返されます。これが存在しない場合、Comparison サンプル値はロードされません。

  3. l をクリックしてデータをロードします。

Group Statistics テーブルの作成

次の手順を実行します。

  1. データ ロード エディタで をクリックしてアプリ ビューに進み、作成したシートをクリックします。

    これでシート ビューが表示されます。

  2. [@編集] をクリックして、シートを編集します。
  3. [チャート] からテーブルを追加し、[項目] から以下の数式をメジャーとして追加します。

    ラベル 数式
    N Count(Value)
    Mean Avg(Value)
    Standard Deviation Stdev(Value)
    Standard Error Mean Sterr(Value)
  4. テーブルに Type を軸として追加します。

  5. [ソート] をクリックして Type をソート リストの先頭に移動させます。
  6. 結果:

    これらのサンプルの Group Statistics テーブルは以下のようになります。

    TypeNMeanStandard DeviationStandard Error Mean
    Comparison2011.9514.612453.2674431
    Observation2027.1512.5079972.7968933

Two Independent Sample Student's T-test テーブルの作成

次の手順を実行します。

  1. [@編集] をクリックして、シートを編集します。
  2. テーブルに以下の数式を軸として追加します。 =ValueList (Dual('Equal Variance not Assumed', 0), Dual('Equal Variance Assumed', 1))

  3. 以下の数式がメジャーとして含まれているテーブルを [チャート] から追加します。

    ラベル 数式
    conf if(ValueList (Dual('Equal Variance not Assumed', 0), Dual('Equal Variance Assumed', 1)),TTest_conf(Type, Value),TTest_conf(Type, Value, 0))
    t if(ValueList (Dual('Equal Variance not Assumed', 0), Dual('Equal Variance Assumed', 1)),TTest_t(Type, Value),TTest_t(Type, Value, 0))
    df if(ValueList (Dual('Equal Variance not Assumed', 0), Dual('Equal Variance Assumed', 1)),TTest_df(Type, Value),TTest_df(Type, Value, 0))
    Sig. (2-tailed) if(ValueList (Dual('Equal Variance not Assumed', 0), Dual('Equal Variance Assumed', 1)),TTest_sig(Type, Value),TTest_sig(Type, Value, 0))
    Mean Difference TTest_dif(Type, Value)
    Standard Error Difference if(ValueList (Dual('Equal Variance not Assumed', 0), Dual('Equal Variance Assumed', 1)),TTest_sterr(Type, Value),TTest_sterr(Type, Value, 0))
    95% Confidence Interval of the Difference (Lower) if(ValueList (Dual('Equal Variance not Assumed', 0), Dual('Equal Variance Assumed', 1)),TTest_lower(Type, Value,(1-(95)/100)/2),TTest_lower(Type, Value,(1-(95)/100)/2, 0))
    95% Confidence Interval of the Difference (Upper) if(ValueList (Dual('Equal Variance not Assumed', 0), Dual('Equal Variance Assumed', 1)),TTest_upper(Type, Value,(1-(95)/100)/2),TTest_upper(Type, Value,(1-(95)/100)/2, 0))

    結果:

    これらのサンプルの Independent Sample Test テーブルは以下のようになります。

      t df Sig. (2-tailed) Mean Difference Standard Error Difference 95% Confidence Interval of the Difference (Lower) 95% Confidence Interval of the Difference (Upper)
    Equal Variance not Assumed 3.534 37.116717335823 0.001 15.2 4.30101 6.48625 23.9137
    Equal Variance Assumed 3.534 38 0.001 15.2 4.30101 6.49306 23.9069