QlikWorld 2020 グローバル会議データを最大限活用する方法を探索するために参加 今すぐ行動するすぐに登録して保存

Qlik Sense November 2019 の新機能

ビジュアライゼーションとマッピング

テーブルスタイル指定

この機能により、アプリ開発者は、テーブル作成時のスタイル、以下を含むルックアンドフィールをより詳細に制御できます:

  • ヘッダーのフォントサイズと色
  • セルのフォントサイズと色

テーブル プロパティ

棒グラフ、折れ線グラフ、コンボチャート、および表の集計の改善

  • チェックボックスオプションを使用したUIのメジャーの集計へのショートカット
  • 集計は、軸全体または有限のステップ数で行うことができます

メッコ チャート

マリメッコチャート、モザイクプロット、モンドリアンダイアグラムなど、他の名前でも知られる新しいネイティブチャート。このチャートは、一般的に金融およびマーケティングのユースケースで使用されます。

企業、チャネル、および結合された企業ごとの売上など、異なるカテゴリの共有の大きさを示すのに役立ちます。4つの通常の棒グラフを使用する代わりに、Mekkoはすべての側面をキャプチャできます。

メッコ チャート

自動ズームからマップレイヤーを除外する

自動ズームからマップレイヤーを除外する機能により、マップチャートのレイアウト制御が強化されます。マップアプリケーションを構築する場合、ズームからレイヤー、通常はグリッドレイヤー、背景/ CAD図面などの背景レイヤーを除外することが重要な場合があります。デフォルトの動作では、すべてのレイヤーが表示されるようにズームアウトします。

マップ プロパティ

Trellis container / 格子コンテナの改善、視覚化バンドルの強化

  • 2軸を使用して、各軸に1次元のグリッドを作成できるようになりました。計算軸も使用できます。
  • ボーダーを表示して個々のトレリスチャートを強調表示し、幅、色、スタイルを調整できます。
  • 拡張上級モードのサポートにより、より複雑なチャートのトレリングが可能になります。

Trellis container エクステンション

Qlik Sense Mobile

Qlik Sense Mobile for Androidを使用したアプリへのオフラインアクセスに対応

Qlik Sense Mobile November 2019を使用すると、Androidデバイスでオフラインアクセス用のSenseアプリをダウンロードできます。