Qlik Sense サイトのバックアップ

Qlik Sense サイトのバックアップには以下のバックアップが含まれます。

  • リポジトリ データベース: データベースにはサイトの全構成データが含まれています。
  • ログ データ: 集中ログ データベース
  • ファイル共有: アプリケーション データ (Qlik Sense アプリで使用されるデータ モデルなど) および QVD ファイルが含まれる共有フォルダー

Qlik Sense の展開を復元するには Qlik Sense 証明書のバックアップも必要です。詳細については、「証明書のバックアップ」を参照してください。

このバックアップ手順は、上記コンポーネントをホストするノードそれぞれに対して実行する必要があります。

注: リム ノードではローカルのログ ファイルが管理されているので、問題の特定および調査にそのバックアップが役立つ場合があります。また、必要になる可能性があるオペレーティング システムの一般的なデータも、バックアップしておくとよいでしょう。

次の手順を実行します。

  1. 展開内の各ノードについて、Qlik Sense Repository Database (QRD) を除くすべての Qlik Sense サービスを停止します。
  2. データベース ダンプ ファイルを作成することでリポジトリ データベースのバックアップを作成します。
    1. Microsoft Windows にコマンド プロンプトを開きます。
    2. PostgreSQL リポジトリ データベースがインストールされている場所に移動します。
      注: Qlik Sense 設定プログラムを使用してインストールしたセントラル ノード上のローカル データベースが展開に含まれる場合、インストール場所は次のようになります。
      %ProgramFiles%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL\<データベース バージョン>\bin.
      注: PostgreSQL を手動でインストールした場合は、次の場所にインストールされています。
      %ProgramFiles%\PostgreSQL\<データベース バージョン>\bin
    3. 次のコマンドを実行します。

      pg_dump.exe -h localhost -p 4432 -U postgres -b -F t -f "c:\QSR_backup.tar" QSR

      PostgreSQL スーパー ユーザー パスワードの入力を求められたら、Qlik Sense のセットアップ時に作成したパスワードを入力します。

      ヒント: パスワード入力を促されることを防ぐ (Qlik Sense バックアップ プロセスを自動化したい場合など) には、PostgreSQLpgpass 機能を使用できます。詳細については、PostgreSQL のマニュアルを参照してください。
  3. ファイル共有の内容すべてのバックアップを作成します。
  4. 集中ログを構成している場合は、次のコマンドを実行し、集中ログ データベースのバックアップを作成します。

    pg_dump.exe -h localhost -p 4432 -U postgres -b -F t -f "c:\QLogs_backup.tar" QLogs

  5. Qlik Sense 環境をサポートしているコンテンツ (ロード スクリプトによって作成された QVD ファイルなど) が存在する場所すべてのバックアップを作成します。
  6. Qlik Sense サービスを再起動します。

Qlik Sense をアンインストールした後、Qlik Sense Repository Database をバックアップします。

警告: データベース ダンプ ファイルの作成は、Qlik Sense をアンインストールする前に行うことをお勧めします。

Qlik Sense をアンインストールした後でデータベース ダンプ ファイルを作成する場合、次の手順に従ってください。

  1. PostgreSQL フォルダーを %ProgramData%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL から %ProgramData% フォルダー以外の一時保存場所にコピーします。
  2. PostgreSQL Web サイトから PostgreSQL バージョン 9.6 をダウンロードし、インストールします。参照先:PostgreSQL のインストールと構成
  3. Microsoft Windows にコマンド プロンプトを開きます。
    注: pg_ctl.exe コマンドは管理者として実行しないでください。
  4. PostgreSQL リポジトリ データベースがインストールされている場所に移動します。
    注: Qlik Sense 設定プログラムを使用してインストールしたセントラル ノード上のローカル データベースが展開に含まれる場合、インストール場所は次のようになります。
    %ProgramFiles%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL\<データベース バージョン>\bin.
    注: PostgreSQL を手動でインストールした場合は、次の場所にインストールされています。
    %ProgramFiles%\PostgreSQL\<データベース バージョン>\bin
  5. 次のコマンドを実行します。
    1. pg_ctl.exe start -w -D "C:\SenseDB\9.6"
    2. set PGUSER=postgres
    3. set PGPASSWORD=password
    4. pg_dumpall.exe > [<ダンプ ファイルのパス>]
    5. pg_ctl.exe stop -w -D "C:\SenseDB\9.6"

    PostgreSQL スーパー ユーザー パスワードの入力を求められたら、Qlik Sense のセットアップ時に作成したパスワードを入力します。

    ヒント: パスワード入力を促されることを防ぐ (Qlik Sense バックアップ プロセスを自動化したい場合など) には、PostgreSQLpgpass 機能を使用できます。詳細については、PostgreSQL のマニュアルを参照してください。