AWS 展開の例

AWS は、Qlik Sense 用の信頼できるクラウド展開プラットフォームを提供する上で必要なすべてのサービスと演算能力を備えたクラウド インフラストラクチャを実現します。このインフラストラクチャは、予期しない需要の変化や同時実行があっても高いパフォーマンスを発揮できます。

AWS 上の Qlik Sense 単一ノードの展開

AWS 上の典型的な Qlik Sense単一ノードの展開のコンポーネント:

  • VPC - 仮想プライベート クラウド。ユーザーが定義する共通のセキュリティ構成を共有する、論理的に分離された仮想ネットワーク。
  • サブネット - VPC 内に少なくとも 1 つのサブネットが必要です。パブリック サブネットまたはプライベート サブネットにすることができます。
    • パブリック サブネット - インターネットに直接アクセスするサブネット。
    • プライベート - インターネットからアクセスできないサブネット。
  • RDS - リレーショナル データベース サービス。RDS をリポジトリで使って、PostgreSQL データベースのような複雑さを伴わずに高可用性を実現します。
  • NAT インスタンス (オプション) - プライベート サブネットへのトラフィックを制限しますが、インターネットへの送信トラフィックを許可します。例えば、EC2 インスタンスがプライベート ネットワーク内で起動された場合、EC2 インスタンスはインターネットにアクセスできます。
  • Windows Server インスタンス - Qlik Sense インストールをホストするために、既定のサブネット内に展開されています。
  • セキュリティ グループ - 仮想ファイアウォールとして機能し、どの IP アドレスがインスタンスにアクセスできるのかを制御します。Amazon Management Console を使って、Qlik Sense というセキュリティ グループを作成します。
  • キー ペア - ユーザーが作成し、ローカルに保存する Qlik Sense.pem ファイル。このファイルは、AWS インスタンスへの接続時に認証を処理します。
  • IAM - Identity and Access Management。各種 AWS サービスへのアクセスに必要なきめ細かい権限を管理するには、IAM が必要です。
  • Qlik Sense サーバー ノード - 既定のサブネット内の Windows Server に展開されたシングル ノード。

展開オプション:

  • インターネットに直接アクセスするパブリック サブネット内の Qlik Sense ノード。
  • インターネットにアクセスしないプライベート サブネット内の Qlik Sense ノード。

展開でパブリック サブネットを選択するかプライベート サブネットを選択するかは、全体的なソリューションの要件によって決まります。

次の例は、包括的な Qlik Sense Enterprise (Amazon Virtual Private Cloud 上の単一ノードの展開) を示します。