On-Demand アプリ

On-Demand アプリは、選択アプリをテンプレート アプリに接続するナビテーション リンクから、Qlik Sense ハブに生成されます。選択アプリとテンプレート アプリは、QMC または Qlik Sense ハブからストリームに公開することもできます。生成される On-Demand アプリは、QMC または Qlik Sense ハブから公開することもできます。

ヒント: 列幅は、ヘッダーの線をドラッグすることで調整できます。

On-Demand アプリ サービスのプロパティ

選択アプリおよびテンプレート アプリは、On-demand アプリ サービスを有効にしなくても作成できますが、ナビゲーション リンクを作成して On-demand アプリを生成するには、このサービスを有効にする必要があります。On-Demand アプリ サービスの以下のプロパティを管理できます。

プロパティ 説明
On-Demand アプリの有効化

On-Demand アプリ サービスを有効化および無効化します。このサービスは、デフォルトでは無効になっています。

サービスを有効から無効に切り替えると、On-Demand アプリを生成するためにペンディング中の要求を終了することができます。ただし、いったんサービスを無効にすると、アプリを生成する新しい要求は受け入れられません。

ログ レベル サービス ログ ファイルに書き込まれる詳細レベルを指定します。
一度に作成可能なアプリ数

サービスが一度に作成できるアプリの数を指定します。デフォルトは 1、最大数は 10 です。

この設定はアプリ生成の応答時間に影響しますが、一度に生成できるアプリの数を設定するときには、ロードされるデータの量も考慮する必要があります。データのロード サイズが適度である場合は、一度に生成されるアプリの数を多くすると、各アプリの応答時間が改善されます。ただし、ロード サイズが大きいと、設定数がより少ない場合よりも応答が遅くなり、アプリ生成のためにアプリがキューで待機しなければならなくなる可能性があります。

マルチ ノード環境では、一度に生成できるアプリの数に関する設定は、その環境で実行されている On-Demand アプリのすべてのインスタンスに適用されます。複数のサービスが同じ Qlik Associative Engine を使用している場合、その Qlik Associative Engine へのロードは、サービスの複数のインスタンスから一度に生成できるアプリの累積数となります。

履歴データを解析するまでの日数

On-Demand アプリに関する特定の履歴データを削除するまでの保存日数を指定します。0~365 の値を指定できます。0 に設定するとデータは削除されません。既定値は 90 日です。

On-Demand アプリ サービスでは、ナビゲーション リンクおよび要求に関するデータを保持して On-Demand アプリを生成およびリロードします。

On-Demand アプリのナビゲーション リンクが削除されると、デコミッション ステートに廃棄状態で維持されます。解析前に指定した日数に到達すると、ナビゲーション リンクに関する情報は削除されます。

On-Demand アプリ サービスには、On-Demand アプリを生成およびリロードする要求に関する情報も維持されます。On-Demand アプリを削除すると、リロード要求に関する情報は解析前に指定した日数の間維持されます。

匿名ユーザーに対するアプリ生成の許可

公開された選択アプリのナビゲーション ポイントから匿名ユーザーが On-demand アプリを生成できるよう許可します。この設定は、匿名認証が設定されている Qlik Sense システム上でのみ適用されます。

匿名の認証

匿名ユーザーは、ナビゲーション リンクから自動的に公開されるアプリのみ生成できます。生成されたアプリが自動的に公開されない場合、匿名ユーザーにはそのアプリに対するアクセス権限がありません。

匿名ユーザーの代わりにアプリの生成に使用されるプロキシ ユーザー

匿名ユーザーの代わりのプロキシ ユーザーとなるユーザーを選択します。On-demand アプリ リクエストを作成可能な登録ユーザーを選択します。プロキシ ユーザーには、匿名ユーザーがアクセス可能な On-demand 選択アプリに対する読み取り権限も必要です。プロキシ ユーザーとして、またはルート管理者権限を持つユーザーとして管理ユーザー (INTERNAL\sa-xxx) を選択しないでください。

警告: 匿名ユーザーが使用可能な On-demand 選択アプリを含むストリームを作成する場合、On-demand アプリのプロキシ ユーザーに対して読み取りアクセスを許可するセキュリティ ルールを設定する必要があります。プロキシ ユーザーに読み取りアクセス権限がないと、アプリ ナビゲーション バーのすべてのリンクが [Invalid] (無効) として表示されます。

シングル ユーザーはすべての匿名ユーザーの代わりとなりますが、匿名ユーザーはそれぞれが On-Demand App Service によって特定され、識別されています。これにより、各匿名ユーザーは自身が生成したアプリにアクセスできるようになりますが、他の匿名ユーザーがそのアプリにアクセスできなくなります。各匿名ユーザーは、自身が生成したアプリにのみアクセスできます。

匿名ユーザーが生成したアプリの保存期間

匿名ユーザーが生成したアプリが削除されるまでの保存期間を指定します。既定の設定は 60 分間です。

この時間は、最後にデータがロードされた時点から計測されます。

ナビゲーション リンクに対する保存期間の設定もあります。匿名ユーザーが生成したアプリの場合、2 種類の保存期間設定のうち短い期間が使用されます。

例えば、保存期間が 24 時間に設定されているナビゲーション リンクが匿名ユーザーに使用されていて、[匿名ユーザーが生成したアプリの保存期間] の設定が 60分間の場合、アプリは最後のデータ ロードから 60 分後に削除されます。ただし、ナビゲーション リンクの保存期間の設定が 30 分であれば、匿名ユーザーが生成したアプリは最後のデータ ロードから 30 分後に削除されます。

警告: [匿名ユーザーが生成したアプリの保存期間] がゼロ (0) に設定されている場合、アプリはできるだけ長く、すなわち 365 日間保存されます。