ユーザー ディレクトリ コネクタの作成

ユーザー ディレクトリ コネクタ (UDC) を新規作成できます。

注: ユーザー ディレクトリのユーザーおよび帰属の合計数は、1,000,000 (百万) 未満でなければなりません。大規模なユーザー ディレクトリの場合は、[ユーザー同期設定] プロパティ グループの [既存ユーザーのユーザー データを同期] を常に選択することをお勧めします。

次の手順を実行します。

  1. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] S ドロップダウン メニューから [ユーザー ディレクトリ コネクタ] を選択して、概要を表示します。

  2. 操作バーの [P 新規作成] をクリックします。

    利用可能なユーザー ディレクトリ コネクタのタイプを示すダイアログが表示されます。

  3. 新しいユーザー ディレクトリ コネクタのタイプやそのソースを選択します。以下のタイプを利用できます。

    • 汎用 LDAP
    • アクティブ ディレクトリ
    • ApacheDS
    • ODBC
    • Access (ODBC 経由)
    • Excel (ODBC 経由)
    • SQL (ODBC 経由)
    • Teradata (ODBC 経由)
    注: ローカル ユーザーが Qlik Sense にログオンする場合、UDC は不要です。ただし、ローカル ユーザーがアプリにアクセスできるようにするには、アクセスを割り当てる必要があります。プロフェッショナル アクセス ルールまたはアナライザー アクセス ルール (ユーザーベースのライセンス) あるいはユーザー アクセス ルールまたはログイン アクセス ルール (トークンベースのライセンス) を使用して、アクセスを割り当てることができます。あるいは、まずローカル ユーザーがログオンしてユーザーとして認識され、それからトークンが割り当てられるようにすることもできます。
  4. プロパティを編集します。

    ヒント: [ユーザー同期設定] プロパティ グループの [既存ユーザーのユーザー データを同期] を選択するか、選択をクリアして、同期の実行方法を決定します。
    ヒント: [詳細設定] プロパティ グループで、[LDAP 追加フィルタ] を使用して、ユーザーの選択のみを取得するフィルタを適用します。
    [適用] をクリックして変更を保存します。必須の項目が空欄の場合、[Apply] は無効になります。
  5. 操作バーで [適用] をクリックして、ユーザー ディレクトリ コネクターを作成および保存します。

    ページ最下部に [追加完了] と表示されます。

これで、ユーザー ディレクトリ コネクタを新規作成できました。ユーザー ディレクトリ コネクタの新規のユーザー同期タスクは、デフォルトで作成されます。

コネクタのプロパティの設定が、ユーザー ディレクトリとの通信を有効にしていない場合は、[The User Directory Connector (UDC) is not operational] と表示されます。 この場所で UserManagement_Repository ログを確認します: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\Repository\Trace

[ユーザー ディレクトリ名] がすでに使用されていたり、項目が空欄の場合は、[The User Directory Connector (UDC) is not configured] と表示されます。