ビジュアライゼーションのデータの表示

ビジュアライゼーション、およびビジュアライゼーションが表すデータとの間で、表示を切り替えることができます。

ビジュアライゼーションを分析モードで使用する場合、選択に際してデータを検討することが必要になる場合があります。大部分のビジュアライゼーションでは、該当するデータが含まれたテーブルをコンテキスト メニューで使用できます。

データの表示が可能なビジュアライゼーション

次のビジュアライゼーションでは、ビジュアライゼーションとテーブル形式でのデータ表示の間で表示を切り替えることができます。

  • 棒グラフ
  • ボックス プロット (1 つまたは複数の軸を含む)
  • コンボ チャート
  • 分布プロット
  • ヒストグラム
  • 折れ線グラフ
  • 円グラフ
  • ピボット テーブル
  • 散布図
  • ツリーマップ
  • カスタム ウィジェット (1 つまたは複数の軸を含む)

ビジュアライゼーションとデータ表示間の切り替え

ビジュアライゼーションと、ビジュアライゼーションのデータのテーブル ビュー間で表示を切り替えるには、ビジュアライゼーションを右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。[' データの表示] を選択してデータを表示します。既に選択してある場合は、選択したデータのみ表示されます。

ビジュアライゼーションに戻るには、データ表示を右クリックし、[B チャートの表示] を選択します。

キーボード ナビゲーションを使用してビジュアライゼーションを選択してから Enter/Return を押すことで、ビジュアライゼーションとデータ表示の間で表示を切り替えることができます。

注: 編集モードに入ったり、別のシートに移動したりした場合、データ表示に切り替えられていたビジュアライゼーションは元のビジュアライゼーションに戻ります。