インサイト アドバイザーを使用した、データからのビジュアライゼーションの作成

インサイト アドバイザーは、データの探索とビジュアライゼーションの作成というエントリ ポイントを提供します。インサイト アドバイザーでは、Qlik コグニティブ エンジンを使用し、選択した項目とマスター アイテムに基づくだけでなく、チャート内の項目を使用するため機械学習した参照元に基づいてビジュアライゼーションが作成されます。新しいインサイト チャートとシートの既存のビジュアライゼーションを含め、インサイト アドバイザーを検索して、ビジュアライゼーションを表示することができます。インサイト アドバイザーは、データ セットを分析し、関心対象であると思われる内容のチャートを作成することでビジュアライゼーションのセットを生成することもできます。

データの追加、関連付け、テーブルの編集、項目の分類を行ってアプリ内のデータを変更すると、インサイト アドバイザーによって生成されたインサイト チャートが変化する場合があります。公開されたアプリでインサイト アドバイザーが開かれている場合、インサイト アドバイザーは、データ モデルの項目とマスター アイテムが軸、メジャー、数式でどのように使用されているかに着目します。インサイト アドバイザーは、他のアプリでインサイト チャートを作成する場合に、それまでのインタラクションから学習できます。

インサイト チャートは、既存のシートまたはアプリの新規シートに追加できます。インサイト チャートは画像、PDF、またはチャートで使用されているデータが含まれた Excel スプレッドシートとしてダウンロードできます。詳しくは「ビジュアライゼーションのエクスポート」と「ビジュアライゼーションからのデータのエクスポート」を参照してください。

チャートを選択すると、チャートが展開されて操作できるようになります。インサイト チャートで行った選択は、他のインサイト チャートを探索するときに、そのインサイト チャートにも同じく適用することができます。シート内の既存のチャートで何らかの選択を行った場合、その選択は、インサイト アドバイザーを開いたときにも保持されています。インサイト アドバイザーで作成されるチャートに選択が影響することはありません。ビジュアライゼーションの探索およびどのように選択するかについては、「探索」を参照してください。

インサイト アドバイザーはキーボード ナビゲーションに対応しています。詳細については、「Qlik Sense のキーボード ナビゲーションとショートカット」を参照してください。

インサイト アドバイザーを使用できる場面

インサイト アドバイザーには以下の制限があります。

  • インサイト アドバイザーは、マルチクラウド環境からは使用できません。
  • アプリが公開された場合、マスター アイテムのみ検索できます。
  • インサイト アドバイザーの参照元機械学習は、Qlik Sense Desktop では利用できません。

検索時の動作

検索クエリを入力すると、Qlik Sense では明示的に選択された項目を使用して、ビジュアライゼーションを戻します。Qlik Sense では、検索されている項目および検索されている値を含む項目を使用します。ビジュアライゼーションに項目をさらに追加する場合もあります。

インサイト アドバイザーでは以下を検索できます。

  • 項目名
  • 項目値
  • マスター アイテム

結果を生成するとき、インサイト アドバイザーはデータ モデルに着目するのに加え、アプリ内の既存のチャートとマスター アイテムにおいて項目がどのように使用されているかに着目します。インサイト アドバイザーは、インサイト チャートを非表示にし、項目を軸またはメジャーとして設定し、分析から項目を除外するために与えられた参照元を使用します。インサイト アドバイザーは、他の公開されたアプリで類似または同一のデータ モデルを使用している場合、そのアプリから学習した参照元を使用することもできます。

アプリ内のインサイト アドバイザー。

Insight advisor displaying insight charts in an app.

A: 項目とマスター アイテム

インサイト チャートの作成に使用可能なアセット (項目およびマスター アイテム) です。H では項目に、é ではマスター アイテムにアクセスできます。

B: インサイト検索フィールド

未公開アプリで、項目名または値、およびこれらの項目を使用するチャートを検索するためのマスター アイテム名を入力します。公開済みアプリで、マスター アイテム名を入力します。アセットから選択された項目またはマスター アイテムがインサイト検索フィールドに追加されます。

C: インサイト チャート

インサイト アドバイザーで作成されたインサイト チャートです。インサイト アドバイザーは、結果の数を示し、見つかった結果の数、シート内の既存のチャートの数、およびインサイト アドバイザーによって新たに生成されたチャート数を示します。

Ô をクリックすると、信頼度の評価が表示され、そのチャートが含まれる理由を確認できます。 をクリックすると、インサイト チャートを画像、PDF、またはスプレッドシートとしてダウンロードできます。チャートを選択するか s をクリックすると、チャートを展開できます。

新規のインサイト チャートは、シートに追加できます。既存のインサイト チャートの場合、チャートの下部にあるシート名をクリックすると、そのページに移動できます。

インサイト チャートが適切でないと判断した場合は、そのチャートを非表示にして、その後の結果に含まれないようにすることができます。非表示にしたチャートは、判断が変われば、再表示したり、復元したりできます。

インサイト チャートの編集

インサイト アドバイザーが推奨するチャートを展開した後は、チャートの一部のプロパティを編集できます。[プロパティ] セクションで、チャートの作成に使用した [分析タイプ] を確認できます。D をクリックすると、使用した分析タイプの詳細が表示されます。[] または [メジャー] として使用される項目に加え、使用される集計を変更できます。複数のメジャーまたは軸を使用できる場合、それらをドラッグすることで順序を変更できます。

インサイト アドバイザーに対して、インサイト チャートにおける項目の使用方法に関する参照元を指定することもできます。軸またはメジャーを編集する場合に [学習の支援] をクリックすることで、特定の項目を軸またはメジャーとしてのみ使用するよう指定できます。その後のインサイト チャートから項目を除外することもできます。チャートの編集において、シートにチャートを追加する場合、またはエディターを閉じた後に [学習] をクリックする場合、インサイト アドバイザーは、そのチャートの設定から学習することができます。インサイト アドバイザーでユーザーが設定した参照元は、そのユーザーによるインサイト アドバイザーのインスタンスにのみ適用されます。

インサイト アドバイザーを使用したビジュアライゼーションの作成

注:

インサイト アドバイザーからシートに追加したチャートは、アプリが最新情報に更新されるまでは、「生成された」チャートとして表示されます。

次の手順を実行します。

  1. アプリのシートで、[Insights] (インサイト) をクリックします。
  2. データの分析に基づいてチャートを生成するには、[Generate insights] (インサイトを生成) をクリックします。

  3. 特定のデータに基づいてチャートを生成するには、使用する項目およびマスター アイテムを選択します。

    使用可能なアセットのリストからデータを選択するか、検索フィールドを使用してアセットを名前で検索します。

  4. アプリにインサイト チャートを追加するには、次のいずれかを行います。

    • 現在のシートにチャートを追加するには、[Add to sheet] (シートに追加) をクリックします。
    • 特定のシートにチャートを追加するには、S をクリックしてシートを選択します。
    • 新しいシートにチャートを追加するには、S をクリックして [シートの新規作成] を選択します。

アプリにおけるインサイト アドバイザーの無効化

変数を追加してアプリを更新することで、アプリ内でのインサイト アドバイザーを無効にすることができます。公開されているアプリでインサイト アドバイザーを無効にすることにより、Precedents Service によるアプリからの参照元学習が回避されます。インサイト アドバイザーを無効にすることで、類似のデータ モデルを持つアプリで使用するデータ モデルとともに使用される集計、軸、およびメジャーをサービスは学習しなくなります。

次の手順を実行します。

  1. シート編集モードのアセット パネルで、[Ò] をクリックします。
  2. [新規作成] をクリックします。
  3. [名前] で、「DISABLE_INSIGHTS」と入力します。
  4. [定義] で、任意の値を入力します。
  5. [Close] (閉じる) をクリックします。
  6. アプリを更新します。