カスタム オブジェクトを使用したビジュアライゼーションの作成

カスタム オブジェクトを使用して、アプリを拡張することができます。利用可能なカスタム オブジェクトは次のとおりです。

  • ビジュアライゼーション エクステンション
  • ウィジェット
  • Qlik が提供する ビジュアライゼーション エクステンション バンドル

カスタム オブジェクトは、シートを編集する場合、アセット パネルの [g カスタム オブジェクト] の下にあります。

Dev Hub では、独自のビジュアライゼーション エクステンションとウィジェットを構築できます。

シートへのカスタム オブジェクトの追加

ビジュアライゼーション拡張またはウィジェットをシートにドラッグして、ビジュアライゼーションの作成を開始します。

次の手順を実行します。

  1. ツール バーで [@編集] をクリックします。

  2. 左側のパネルにある g をクリックして、カスタム オブジェクトを展開します。
  3. ビジュアライゼーション拡張またはウィジェットを、シートにドラッグします。

    シートをドロップする際は、シート上の空の場所にドロップするか、既存のビジュアライゼーションの領域を 2 つに分割するか、既存のビジュアライゼーションを置き換えます。

    ヒント: カスタム オブジェクトをダブルクリックすると、即座にシートに追加されます。
  4. プロパティ パネルで、カスタム オブジェクトの必須設定を変更します。必須設定は拡張開発者によって定義されており、軸、メジャーおよびその他の設定がこれに該当します。

これでビジュアライゼーションが完成し、アプリを使ってデータを検索することができます。

Qlik が提供する ビジュアライゼーション エクステンション バンドルの 制限

Qlik が提供するエクステンション バンドルのビジュアライゼーション エクステンションを使用する場合、棒グラフなどのビルトイン ビジュアライゼーションと比較して一部制限があります。

  • ビジュアライゼーションのユーザー インターフェイスは、Qlik Sense が使用している言語にローカライズされていません。
  • 右から左の方向の文字列は、現在サポートされていません。
  • アクセシビリティ機能は、現在サポートされていません。
  • 同様の機能を持つ今後のビルトイン ビジュアライゼーションへの移行はサポートされていません。
  • Qlik NPrinting には対応していません。
  • 画像、PDF、Excel へのエクスポートはサポートされていません。
  • エクステンションを使用して作成されたビジュアライゼーションは、ストーリー内では使用できません。
  • Qlik Sense Mobile には対応していません。
  • 代替ステートはサポートされていません。
注: Dev Hub を使用する Qlik が提供するエクステンション バンドルのビジュアライゼーション エクステンションを編集することはできません。