アプリの作成

Qlik Sense アプリは、再利用可能なデータ アイテム (メジャー、軸、ビジュアライゼーション)、シート、ストーリーの集合体です。これは内蔵エンティティで、分析に使用する構造化データ モデルのデータが含まれています。

アプリの目的は、データのビジュアライゼーションを活用し、選択することで、意思決定やデータの発見を促すことにあります。

注:

Qlik Sense Enterprise ハブでアプリの作成、開発、および消費 (表示) を行うことができます。クラウド ハブではアプリの消費のみ可能です。

アプリのファンデーションは、再利用可能なデータ アイテムの集合体です。構造およびビジュアルは、シートとストーリーの集合体です。

Building blocks of an app.

ファンデーション

データ ロード スクリプト

データ ロード スクリプトは、データをアプリにロードするためのものです。スクリプトはデータ ソース (データベースや Excel シートなど) に接続して、データを取得します。

詳細については、「データ ロード エディタの使用」を参照してください。

データ モデル

ロードされたデータは、データ モデル内で構築されます。データ ロード スクリプトを編集し、データをリロードして、アプリに最適なデータ モデルを構築します。

詳細については、「データ モデルの表示」を参照してください。

メジャー

ビジュアライゼーションで利用する計算と数式。

ビジュアライゼーションで利用する計算。 メジャーは、Sum または Max などの集計関数に 1 つまたは複数の項目を組み合わせた数式から作成されます。

詳しくは「メジャー 」と「ビジュアライゼーションにおける数式の使用」を参照してください。

ビジュアライゼーションで利用する項目。 ビジュアライゼーションでデータをグループ化する方法は、国別の総売上高やサプライヤ別の製品数など、軸によって異なります。

詳しくは「」と「項目」を参照してください。

構造およびビジュアル

シート

チャートやテーブルなど、データのビジュアライゼーションを含むシート。目的に合わせて異なるシートのビジュアライゼーションをグループ化することで、アプリに構造を作成します。

詳しくは「シートを使用したアプリの構成」と「ビジュアライゼーションの作成」を参照してください。

ブックマーク

指定のシートにある特定の選択セットへのショートカット。

詳細については、「ブックマークの選択」を参照してください。

ストーリー

ビジュアライゼーションのスナップショットに基づいたストーリー。ある時点でのデータのスナップショットを選択ステートと組み合わせて表示することで、新たなインサイトをもたらすストーリーを作成して、データを表示することも可能です。

詳細については、「データ ストーリーテリング」を参照してください。

アプリに関する追加情報

本アプリでは、ユーザーが抱える課題に基づき、アプリで定義済みの軸やメジャーを活用して新しいビジュアライゼーションを作成することができます。このように進化させたアプリを個人的な利用や他のユーザーとの共有に生かすことも可能です。

アプリ作成者は、自動的にその所有者に指定されます。アクセス権に応じて、アプリの再利用や変更、共有が可能です。アプリが公開済みであるかどうかによって、実行できる操作は異なります。

注: .qvfは当社独自のファイル形式です。
注: Qlik Sense Desktop アプリは通常、<user>\Documents\Qlik\Sense\Apps<アプリ名>.qvf として保管されており、<アプリ名> はアプリの名前になります。Qlik Sense Desktop のアプリの名前を変更すると、.qvf は更新されません。