ウォーターフォール グラフのプロパティ

ツールバーの [@編集] をクリックし、編集するビジュアライゼーションをクリックして、ビジュアライゼーションのプロパティ パネルを開きます。

プロパティ パネルが表示されない場合は、右下にある h をクリックして、開いてください。

注: ビジュアライゼーションの右上に é が表示されている場合、ビジュアライゼーションはマスター アイテムにリンクされています。リンクされたビジュアライゼーションは編集できませんが、マスター アイテムは編集可能です。また、ビジュアライゼーションのリンクを解除すれば編集できるようになります。
注: プロパティ パネルの設定の一部は、たとえば、複数の軸またはメジャーを使用している場合、あるいは、他のオプションを有効にするようなオプションを選択する場合など、特定の状況下でのみ使用できます。

データ

[追加] をクリックして、軸またはメジャーを追加します。

メジャー

メジャーの設定
UI 項目 説明
<メジャー名>

メジャーをクリックして、メジャーの設定を開きます。

メジャーを削除したい場合は、メジャーをロングタッチ/右クリックしてダイアログの [削除] を選択します。または、メジャーをクリックして [削除] Ö をクリックします。

メジャー マスター アイテムの場合のみ表示されます。マスター アイテムにリンクされているメジャーを編集するには、まずそのメジャーのリンクを解除する必要があります。
数式 3 をクリックして、数式エディタを開きます。 既存の数式が既定で表示されます。
ラベル メジャーのラベルを入力します。[マスター アイテム] に保存されていないメジャーは、既定で数式がラベルに表示されます。
メジャー演算

グラフ内でメジャーをどのように使用するかを選択します。

加算: メジャー値が加算されます。

減算: メジャー値が減算されます。

小計: 同じメジャー演算を使用する最後のメジャーの小計の値として、メジャー値が扱われます。

小計 前のすべてのメジャー演算の結果に基づいて、自動的に計算された小計メジャーを追加する場合は、[小計] を選択します。
小計ラベル 自動的に計算された小計メジャーのラベルを入力します。
追加

[データ] タブで、[メジャー] の下で [追加] をクリックして、利用可能なメジャーの一覧を開きます。ビジュアライゼーションに追加したいメジャーを選択します。 項目を選択すると、自動的にそのメジャーに対して選択可能な共通の集計関数が表示されます。

利用できるメジャーがない場合は、作成する必要があります。テキスト ボックスに直接数式を入力するか、3 をクリックして数式エディタでメジャーを作成します。

マスター アイテムにリンクされているメジャーを編集するには、まずそのメジャーのリンクを解除する必要があります。

[追加] が淡色表示されている場合は、メジャーを追加できません。

メジャーをドラッグすれば、ビジュアライゼーションでのメジャーの表示順序を設定できます。順番を並べ替えるには、バーのドラッグ (o) を使用します。

数値書式

数値書式の設定
UI 項目 説明
数値書式

メジャー値の書式を設定するには、さまざまなオプションが利用できます。1 つのメジャーだけでなく、アプリ全体で数値の書式を変更したい場合は、地域の設定で変更することをお勧めします。その場合は、データ ロード エディターでスクリプトの先頭に記述された SET ステートメント内で指定します。

自動:Qlik Sense は、ソース データに基づいて数値書式を自動的に設定します。

数値の省略形の表示には、k (千)、M (百万)、G (十億) などの国際単位系が使用されています。

[数値]: デフォルトの書式設定は [シンプル] に設定されており、ドロップダウン リストのオプションから書式設定を選択できます。[カスタム] 書式設定に変更するには、ボタンをクリックし、書式パターンを変更するには [書式パターン] ボックスを使用します。

Examples:  

# ##0 区切り記号付きの 3 桁の整数として数値を表示します。この例では、" " は千の位をわかりやすくするために使用されています。

###0 は、3 桁区切りの記号なしの整数で数値を表示します。

0000 は、4 桁以上の整数で数値を表示します。例えば、数値 123 は、0123 と表示されます。

0.000 区切り記号付きの 3 桁の整数として数値を表示します。この例では、" " は千の位をわかりやすくするために使用されています。

書式設定パターンにパーセント記号 (%) を加えると、メジャーの値は自動的に 100 倍されます。

通貨: 既定では、オペレーティング システムの書式パターンが通貨に使用されます。書式パターンを変更するには、[書式パターン] ボックスを使用します。

[日付]: デフォルトの書式設定は [シンプル] に設定されており、ドロップダウン リストのオプションから書式設定を選択できます。[カスタム] 書式設定に変更するには、ボタンをクリックし、書式パターンを変更するには [書式パターン] ボックスを使用します。

期間: 既定では、オペレーティング システムの書式パターンが期間に使用されます。日数として設定することも、日数と時間、分、秒、1 秒未満の間隔を組み合わせることも可能です。書式パターンを変更するには、[書式パターン] ボックスを使用します。

カスタム: 既定では、オペレーティング システムの書式パターンが使用されます。書式パターンを変更するには、[書式パターン] ボックスを使用します。

数式の評価: 書式パターンが数式の評価によって決定されます。このオプションを使用して、ビジュアライゼーションでメジャーのカスタム数値書式を表示します。

制限事項:

メジャーを受け入れているビジュアライゼーションでのみ機能します。

軸の数値書式には反映されません。

小数点の記号 小数点の記号を設定します。
3 桁区切り 3 桁区切りの記号を設定します。
書式パターン 数値の書式パターンを設定します。
パターンのリセット クリックすると既定のパターンにリセットされます。

拡張機能

拡張機能の設定
UI 項目 説明
データの処理

演算実行条件:  このテキスト項目で数式を指定して、オブジェクトが表示されるために満たす必要がある条件 (真) を設定します。値は、計算式として入力できます。例: count(distinct Team)<3。条件が満たされない場合は、[表示されたメッセージ] に入力されたメッセージまたは数式が表示されます。

演算実行条件は、チャートやテーブルが非常に大きく、ビジュアライゼーションの応答が遅い場合に便利です。演算実行条件は、たとえば、ユーザーが選択を適用してデータを処理できるレベルにフィルタリングするまでは、オブジェクトが表示されないようにするといった場合に役立ちます。

ゼロ値を含める: オフのままにすると、値「0」を持つメジャーはプレゼンテーションに含まれません。メジャー値が複数の場合、プレゼンテーションから除外されるには、すべてのメジャー値が値「0」である必要があります。

基準線

基準線を追加: クリックすると新しい基準線が追加されます。

表示: 選択すると基準線が表示されます。

ラベル: 基準線のラベルを入力します。

: 色の選択機能で基準線とラベルの色を選択します。

基準線の数式: 基準線の値または数式を入力します。 3 をクリックして、数式エディタを開きます。

削除: クリックすると基準線が削除されます。

スタイル

スタイルの設定
UI 項目 説明

基本設定

タイトルの表示: すべてのビジュアライゼーションは、既定で [オン] になっていますが、フィルター パネル、KPI、およびテキストと画像ビジュアライゼーションは例外です。

[タイトル]、[サブタイトル]、[脚注] を入力します。デフォルトでは、文字列はテキスト文字列として解釈されます。ただし、数式、あるいはテキストと数式の組み合わせをテキスト項目として使用することもできます。文字列の先頭に等号 (=) が付いている場合、この文字列に数式が含まれていることを意味します。

数式エディタを使用して数式を作成する場合は、3をクリックします。

Example:  

ここで、引用符を含む文字列 'Sales: ' & Sum(Sales) が使用されていると仮定します。

デフォルトでは、文字列はテキスト文字列として解釈され、例のように表示されます。ただし、='Sales: ' & Sum(Sales) のように文字列の先頭に等号を付けると、この文字列は数式として解釈されます。出力は Sales: <value of expression>のようになり、<value of expression> は計算値です。

詳細を表示: 説明、メジャー、およびディメンションなどの詳細を表示するようユーザーが選択できるようにする場合に、[表示] に設定します。

代替ステート

ステート: ステートを設定し、ビジュアライゼーションを適用します。以下のステートを選択できます。[マスター アイテム] で定義された代替ステート。<継承済み> (使用されているシートについてステートが定義されている場合)。<デフォルトの状態> (代替ステートが適用されていないステート)。 代替ステートの詳細については、代替ステートを使用した比較分析 を参照してください。

プレゼンテーション

グリッド線の間隔: 水平方向のグリッド線をカスタマイズする場合は [カスタム] に設定します。以下から選択できます。[なし]、[標準]、または [狭い]。

値ラベル: 棒上で値ラベルを非表示にする場合、これを [オフ] に設定します。

色と凡例

: さまざまなメジャー演算の表示色を設定できます。[正の値の色]、[負の値の色]、または [小計の色]

凡例の表示: メジャー演算の凡例を表示する場合は、[自動] に設定します。凡例の位置は [凡例の位置] で設定できます。

自動: 凡例は、使用可能なスペースがある位置に自動的に配置されます。

[]

[]

[]

[]

Y 軸:

ラベル: Y 軸上にラベルを表示する場合に選択します。

位置: 軸の目盛線の表示場所を選択します。

メモリ: Y 軸上に表示する線の数を選択します。[狭い] は多数の線を表示し、[広い] は少数の線を表示します。

[範囲]: 最小値、最大値、または両方を設定します。最小値は最大値を超えてはなりません。値に数式を使用することもできます。

X 軸:

ラベル: X 軸上にラベルを表示する場合に選択します。

ラベルの方向: ラベルの方向を選択します。

位置: メジャー軸の表示場所を選択します。