ピボット テーブル

ピボット テーブルは、軸とメジャーをテーブル内で行と列として表示します。ピボット テーブルでは、複数のメジャーによって同時に複数の軸でデータを分析できます。メジャーと軸を並べ替えて、データのさまざまなビューを取得できます。行と列間で互いにメジャーと軸を移動する作業は「ピボット化」と呼ばれます。

Pivot table with dimensions Customer, Product Group, and Item and measures Quantity and Sales.

使用に適しているケース

ピボット テーブルは、1 つのテーブルに複数の軸やメジャーを含めて、それらを再構成してそれぞれの小計を表示させるときに特に便利です。

長所

ピボット テーブルは、一度に複数の軸とメジャーを分析し、それらを再構成してデータ上でそれぞれの観点から見るときに非常に有用です。もう 1 つの長所は、テーブルの他の行は折りたたんだままにしながら、関心のある行を展開できることです。

短所

ピボット テーブルは、少し複雑で、一目で理解することは難しいかもしれません。

ピボット テーブルの作成

編集中のシートに新しいピボット テーブルを作成することができます。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルから、空のピボット テーブルをシートにドラッグします。
  2. [軸を追加] をクリックして、軸または項目を選択します。
  3. [メジャーを追加] をクリックし、メジャーを選択するか、項目からメジャーを作成します。

ピボット テーブルを作成したら、プロパティ パネルで外観の調整や他の設定の変更ができます。

ピボット化

データを並べ替えて新しいビューを取得するときは、アイテムを列または行のいずれかの新しい場所にドラッグします。以下のピボット テーブルでは、Customer 軸は Product Group の後に、そして Item 軸は Product Group の前にドラッグされています。この結果、軸は主に Item 別にソートされています。焦点は Customer から Item に変わっています。軸を展開することで、各顧客の数量と売上が表示されますが、別の方法でこれを行うこともできます。

Pivot table with rearranged data.

Customer 軸を行から列に移動することで、Item 軸への焦点を維持でき、また顧客ごとのアイテムの分布も表示できます。この移動により、ピボット テーブルの情報が凝縮されました。

Pivot table with rearranged data.

メジャー グループ

お気づきのように、QuantitySales は最上列行で別々のメジャーとして表示されていません。Customer 軸の横には メジャー というアイテムがあります。複数のメジャーを使用するとき、そのメジャーは自動的にグループ化され、メジャーというメジャー グループができます。これは、まとめて行セクションまたは列セクションに追加できます。メジャー グループは、テーブルで編集できません。メジャーアイテムを分割し、1 つのメジャーを行として、別のメジャーを列として使用したり、表示されるメジャーの順番を変更したりすることはできません。メジャー アイテムに対する変更は、プロパティ パネルで行います。

ピボット化のさまざまな方法

基本的に、ピボット化は軸とメジャーを行から列に、列から行にドラッグすることで行われますが、ピボット化の実行には次の 2 つのオプションがあります。

  • ピボット テーブルで (編集時と分析時に)。
  • プロパティ パネルで (編集時のみ)。

プロパティ パネルを使用したピボット化

プロパティ パネルで、ピボット テーブルにメジャーと軸を追加できます。軸とメジャーを行や列に移動することもできます。複数のメジャーを使用するとき、そのメジャーはグループ化され、メジャー アイテムが作成されます。軸とメジャーの内部の順番は変更できますが、複数のメジャーがある場合は、メジャー グループ全体を移動します。

Properties panel.

グローバル グループ

限定的なデータ セットを使用し、かつそのデータ セット内のグローバル グループで、たとえば、最良に四半期、最上位の営業担当者、売上が最低の製品など、注目する値をハイライト表示します。

グローバル グループを 2 ステップの手順と見なすことができます。まず、データ セットに制限を適用し、生成さされるリストで、内部の軸 (つまり、ソートする階層の 2 番目の軸) に再度同じ制限を適用し、内部軸の値をハイライト表示する結果のみ表示します。

Example:  

次のピボット テーブルでは、制限は適用されません。値は、Sales で降順でソートされます。リストが長いため、2013 年度の値は表示されません。

Pivot table, no limitation is applied.

次のピボット テーブルでは、(内部) 軸 Sales Rep Name に制限が適用されています。その結果、2013 年度および 2014 年度の上位 5 名の営業担当者のみが表示されます。

次のステップでは、プロパティ パネルでグローバル グループを選択します。軸に制限を適用している場合、[グローバル グループ] オプションのみ使用することができます。

グローバル グループを選択すると、上位 5 名の営業担当者の制限が再度適用されますが、今度は軸 Year が無視されます。最高の売上 (2013 年度または 2014 年度) を持つ 5 名の営業担当者だけが最後のピボット テーブルに表示されます。

次の画像には、2014 年度および 2013 年度の 6 名の最高の結果が表示されます。上位 の 4 名の結果は 2014 年度のものですが、5 番目 (John Greg) は 2013 年度の結果です。他の 5 名の営業担当者は Brenda Gibson (2014 年度の 5 番目) より高い売上を上げているため、彼女はリストから除外されています。

Six highest results for 2014 and 2013.

次の画像は、グローバル グループが適用されたピボット テーブルを示します。このピボット テーブルには、上位 5 名の営業担当者の売上結果のみが含まれています。Brenda Gibson は、2014 年度に John Greg よりも良い結果を出していますが、2013 年度の結果により、彼が上位 5 名のリストに掲載されています。

Pivot table with global grouping applied.