分布プロット

分布プロットは数値データ グループの範囲および分布の比較に適しています。データは軸に沿って値ポイントとしてプロットされます。値ポイントだけを表示して値の分布を表示することも、境界ボックスを表示して値の範囲を表示することもできます。または、ここに示すように、両方を組み合わせて表示することも可能です。

Distribution plot.

使用に適しているケース

分布プロットは数値データ グループの範囲および分布の比較に適しています。

長所

分布プロットにデータの分布が可視化されます。

短所

分布プロットでデータ分布の概要を処理するため、データの詳細な分析には不適切です。

分布プロットの作成

編集中のシートに分布プロットを作成することができます。

分布プロットでは、1 つまたは 2 つの軸と 1 つのメジャーを使用する必要があります。1 つの軸を使用する場合は、1 つの線のビジュアライゼーションが表示されることになります。2 つの軸を使用する場合は、2 番目または外側の軸の各値で 1 つの線を取得することになります。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルから、空の分布プロットをシートにドラッグします。
  2. 最初の軸を追加します。

    これは値ポイントを定義する内部の軸です。

  3. 2 番目の軸を追加します。

    これは、軸の目盛線上に表示される値ポイントのグループを定義する外側の軸です。

  4. [メジャーを追加] をクリックし、項目からメジャーを作成します。

分布プロットを作成したら、プロパティ パネルで外観や他の設定を調整できます。