Qlik Sense で文字を読む方向が右から左の場合

読む方向は、テキストと数字から成る文字列での文字の方向を示します。

Qlik Sense アプリのデフォルトの読む順序は、左から右です。例えば、アラビア語やヘブライ語など、データまたはラベルが右から左の順序である場合には、お使いのアプリ設定で読む順序を右から左に変更できます。

注: 右から左の方向の文字列は、現在 Qlik Sense Cloud ではサポートされていません。

読む方向はアプリ全体に影響します。読む方向は未公開アプリでのみ変更可能です。

右から左の方向の文字列がアプリ オプションによって有効になっている場合は、次のようにアプリに影響します。

  • ビジュアライゼーションは右から左に表示されます。

  • シート タイトルなどのユーザーが入力するテキストは、入力したテキストの言語に関係なく、常に右揃えになります。

  • テキストの読む方向は、文字列における方向性が強い最初の文字によって決まります。

    • 右から左への方向性が強い文字で始まる文字列は、右から左に表示されます。
    • 左から右への方向性が強い文字で始まる文字列は、左から右に表示されます。

  • メイン ツール バーと編集パネルでは、この設定は反映されないため、Qlik Sense が起動されている Web ブラウザーの言語設定に合わせて表示されます。詳しくは「Qlik Sense の言語の変更」を参照してください。

読む方向が右から左に設定されている場合の棒グラフ

Bar chart with right-to-left reading order.

注: 右から左の方向の文字列は、放射ゲージのビジュアライゼーションでの読む方向には影響しません。放射ゲージは常に左から右に表示されるためです。

右から左の方向の文字列のアクティブ化

次の手順を実行します。

  1. 未公開アプリで、V の順にクリックし、アプリ オプションを開きます。
  2. [スタイル]、[右から左] の順に選択し、[オン] または [オフ] を選択します。
注: Qlik Sense チャートを使用してビジュアライゼーションが共有されている場合は、アプリの読む方向を変更すると共有されているチャートの読む方向にも影響します。詳細については、「共有チャート内での読む順序が正しくない」を参照してください。