ストーリーの再生

オーディエンス向けのプレゼンテーション通りに、ストーリーを再生できます。スライドを前後に移動するためのコントロール機能も搭載されています。スライドにライブ データ シートが挿入されている場合は、選択を行う前にシートをクリックする必要があります。

再生の開始

次の手順を実行します。

  • ストーリーテリング ビューで、タイムラインの上にある U をクリックします。

全画面表示でストーリーが開き、現在のスライドを再生できるようになります。

ヒント: アプリ概要またはストーリー ナビゲーターでシートをロングタッチ/右クリック、またはショートカット メニューから [再生] を選択してストーリーの再生を開始することもできます。
注: タッチ式デバイスでは、ピンチ タッチ ジェスチャでスライドをズーム イン、ズーム アウトできます。ズーム インすると、ライブ データ シートで選択を行うことができません。

データ ポイント情報の表示

次の手順を実行します。

  • データ ポイントにマウスを合わせると、データ ポイントの情報を含むツール ヒントが表示されます。

スライド番号の表示

次の手順を実行します。

  • スライド下部の ¥ をクリックすると、現在使用しているスライドとストーリー内のスライドの合計数が表示されます: <current slide number> 内の <total number of slides> 。

スライド間の移動

次の手順を実行します。

  1. スライドの下にある ¥ をクリックします。
  2. êë をクリックすると、スライドを前後に移動できます。
注: タッチ式デバイスでは、スライドを左または右にスワイプします。コンピュータでは、キーボードの矢印キーまたはスペース キーを使用します。

ライブ データ シートを調整する

ライブ データ シートを調整して選択を行うには、まずそのシートをクリックします。

次の手順を実行します。

  • ライブ データ シートをクリックします。

シートが選択可能な状態になります。

注: ライブ データ シートの外側をクリックするか別のスライドに移動すると、選択可能な状態が無効になります。

詳細については、「ライブ データ シートでの選択」を参照してください。

ストーリーのエクスポート

次の手順を実行します。

  1. スライドの下にある ¥ をクリックします。
  2. r をクリックします。

    [PowerPoint 設定] ダイアログが開きます。

詳細については、「ストーリーのエクスポート」を参照してください。

再生の終了

次の手順を実行します。

  • 再生を終了するには、E をクリックするか、Esc を押します。