ビジュアライゼーションでの選択の種類

データを分析するには、さまざまな選択方法があります。 チャートとテーブルでは選択方法が異なります。特定のビジュアライゼーションでは、一部の選択方法が非常に役立ちます。下表では、それぞれのビジュアライゼーションでサポートされている選択の種類を紹介します。

ビジュアライゼーションで対応している選択。
ビジュアライゼーション クリックによる選択 描画による選択 範囲選択 囲み選択 凡例による選択 ラベル選択
棒グラフ はい はい はい はい はい はい
ボックス プロット はい はい はい はい - はい
コンボ チャート はい はい はい はい はい はい
分布プロット はい はい はい はい はい はい
フィルター パネル はい はい - - - -
ゲージ - - - - - -
ヒストグラム はい はい はい はい - -
KPI - - - - - -
折れ線グラフ

はい

はい はい はい はい はい
マップ はい はい - はい はい -
円グラフ はい はい - はい はい はい
ピボット テーブル はい はい - - - -
散布図 はい はい はい はい - -
テーブル はい はい - - - -
テキストと画像 - - - - - -
ツリーマップ はい はい - はい - -
ウォーターフォール グラフ - - - - - -

制限事項

  • [ゲージ]、[KPI]、[ウォーターフォール グラフ]、および [テキストと画像] のビジュアライゼーションで選択を行うことはできません。
  • 凡例による選択は、数式による色分け時にビジュアライゼーションでは使用できません。
  • 範囲の選択は積み上げ型の棒グラフやコンボ チャート、およびボックス プロットの軸の目盛線上でのみ使用可能です。
  • メジャーは名前で選択することはできません。