選択による探索

分析中は、選択内容がシートの上に表示されます。

選択アイテムにはそれぞれ下部に小さなバーがあり、軸の選択ステートを反映しています。このバーでは、選択済み (緑)、代替 (薄いグレー)、除外 (濃いグレー) の 3 つのステートが使用されます。ロックされた値にはロック アイコンが付いています。

[年]、[製品グループ]、および [地域] の選択を行う選択バー。[地域] はロックされています。

Selections bar with three selections, one is locked.

注: Qlik Sense を使用してアプリを保存する場合、現在の選択とロックは保存されません。選択とロックは、アプリを開くときに毎回行う必要があります。

選択アイテムをクリックすると、ポップアップが表示されます。このポップアップで、その選択を表示、編集、またはクリアできます。また、軸の値を検索したり、選択をロックすることも可能です。下の画像では、選択メニューが開いています。以前に行った選択によっては、一部のオプションを利用できないこともあります。

選択ポップアップ メニューのある [地域] 選択。

Selection pop-up menu.

アプリで代替ステートを使用すると、ステートで行った選択を選択バーで確認できます。ステートで使用される項目は、代替ステートの数とともに表示されます。項目をクリックするとステートが表示され、ステートをクリックすると選択が表示されます。ステートの選択を解除したり、すべての選択を解除したりすることもできます。

詳細については、「代替ステートを使用した比較分析」を参照してください。

ステート Group1 およびステート Group2 に関する代替ステート ポップアップ メニューの選択範囲。

選択オプション

すべて選択

すべての値が選択されます (m のマークが付きます)。代替値のステートが選択ステート (緑色) に、除外値のステートが除外選択ステートに変わります。除外値はまだ濃いグレーのままですが、選択されています (m のマークが付いています)。これらの値が除外される原因となった選択をクリアすると、選択ステート (緑色) に変わります。

可能な値を選択

可能な値 (白) がすべて選択されます。選択が行われているときには、他の値は代替値または除外値のいずれかになるため、このオプションは、選択アイテムでは利用できません。ただし、フィルター パネルでは、別の選択の結果としての絞込値を利用できます。

代替値を選択

すでに項目で選択が行われている場合、代替値は薄いグレーで表示されます。これらは、項目で選択が行われていない状態では可能な値 (白) となる値です。

代替値を選択すると、以前に選択されていた値が代替値になります。

除外値を選択

代替値がある場合は、これが選択値 (緑色) になり、以前に選択されていた値が代替値に、そして除外値のステートが除外ステートに変わります。

代替値がない場合、除外値が選択値 (緑色) になり、以前に選択されていた値のステートが代替ステートに変わります。