システム項目

データ ソースから抽出された項目に加えて、Qlik Sense はシステム項目を生成します。システム項目は「$」で始まり、ビジュアライゼーション (フィルター パネルやテーブルなど) では通常の項目のように表示できます。システム フィールドは、データのロード時に自動的に作成され、主にアプリ設計を支援する目的で使用されます。

利用可能なシステム項目

次のシステム項目を使用できます。

利用可能なシステム項目
システム フィールド 説明
$Table ロードされるすべてのテーブルが含まれます。
$Field ロードされるテーブルのすべての項目が含まれます。
$Fields 各テーブルの項目数が含まれます。
$FieldNo テーブル内での項目の位置が含まれます。
$Rows テーブル内の行数が含まれます。

どのシステム フィールドもスクリプトで操作することはできません。

ビジュアライゼーションにおけるシステム項目の使用

システム フィールドデータは関連付けられます。例えば、2 つのフィルター パネルを追加する場合 (1 つは$Tableにより、もう 1 つは$Fieldにより) や、テーブルを選択する場合は、$Field選択したテーブルのフィールドが絞込値としてフィルター パネルに表示されます。

システム フィールドは、アセット パネルの項目リストには含まれていません。数式エディタに含まれています。アセット パネルでシステム フィールドを使用したい場合は、手動で入力して参照する必要があります。

Example: アセット パネルの軸の場合

=$Field