Qlik Sense での使用が推奨されていない関数とステートメント

QlikView のロード スクリプトとチャートの数式で利用できる大部分の関数とステートメントは、Qlik Sense でもサポートされていますが、一部の関数とステートメントの Qlik Sense での使用は推奨されていません。以前のバージョンの Qlik Sense で使用可能であって、廃止される可能性のある関数とステートメントもあります。

互換性の理由から、それらの関数とステートメントは動作するようになっていますが、今後のバージョンではサポートされなくなる可能性があるため、このセクションの推奨事項に従ってコードを更新することをお勧めします。

Qlik Sense での使用が推奨されていないスクリプト ステートメント

以下の一覧では、Qlik Sense での使用が推奨されていないスクリプト ステートメントについて記載しています。

ステートメント 推奨事項
Command 代わりに、SQL を使用します。
CustomConnect 代わりに、Custom Connect を使用します。

Qlik Sense での使用が推奨されていないスクリプト ステートメント パラメータ

以下の一覧では、Qlik Sense での使用が推奨されていないスクリプト ステートメント パラメータについて記載しています。

ステートメント パラメータ
Buffer

次のパラメータの代わりに、Incremental を使用します。

  • Inc (非推奨)
  • Incr (非推奨)
LOAD

以下のパラメータのキーワードは、QlikView ファイル変換ウィザードで生成されます。データがリロードされた場合、機能は維持されますが、Qlik Sense では、以下のパラメータを使用してステートメントを生成するためのガイド付きサポートやウィザードは提供していません。

  • Bottom
  • Cellvalue
  • Col
  • Colmatch
  • Colsplit
  • Colxtr
  • Compound
  • Contain
  • Equal
  • Every
  • Expand
  • Filters
  • Intarray
  • Interpret
  • Length
  • Longer
  • Numerical
  • Pos
  • Remove
  • Rotate
  • Row
  • Rowcnd
  • Shorter
  • Start
  • Strcnd
  • Top
  • Transpose
  • Unwrap
  • XML: XMLSAX and Pattern is Path

Qlik Sense での使用が推奨されていない関数

以下の一覧では、Qlik Sense での使用が推奨されていないスクリプト関数とチャート関数について記載しています。

関数 推奨事項

NumAvg

NumCount

NumMax

NumMin

NumSum

代わりに、範囲関数を使用します。

範囲関数

QliktechBlue

QliktechGray

代わりに、その他のカラー関数を使用します。QliktechBlue()RGB(8, 18, 90) に、QliktechGrayRGB(158, 148, 137) に置き換えると、同じ色にすることができます。

カラー関数

QlikViewVersion

代わりに、EngineVersion を使用します。

EngineVersion - スクリプトおよびチャート関数

ProductVersion

代わりに、EngineVersion を使用します。

EngineVersion - スクリプトおよびチャート関数

QVUser  
Year2Date 代わりに、YearToDate を使用します。
Vrank 代わりに、Rank を使用します。
WildMatch5 代わりに、WildMatch を使用します。

ALL 修飾子

QlikView では、ALL 修飾子を数式の前に配置します。これは {1} TOTAL を使用するとの同じです。この場合、チャートの軸や現在の選択を無視して、ドキュメント内の項目のすべての値に対して計算を行います。ドキュメントの論理状態に関係なく、常に同じ値が返されます。ALL 修飾子が使用された場合、ALL 修飾子はそれ自体で SET を定義するので、SET 数式は利用できません。ALL 修飾子は、このバージョンの Qlik Sense では機能しますが、今後のバージョンではサポートされなくなる可能性があります。