項目タグ

項目タグを使用して、データ モデルの項目にメタデータを追加できます。項目タグには、次の 2 つの異なるタイプがあります。

  • システム項目タグ

    システム項目タグは、スクリプトが実行され、データがロードされると自動的に生成されます。一部のタグはスクリプトで操作できます。システム タグの前には、常に $ 記号が付きます。

  • カスタム項目タグ

    Tag ステートメントを使用して、データ ロード スクリプトの項目にカスタム タグを追加できます。カスタム タグに、システム タグと同じ名前を使用することはできません。

    タグの詳細については、「Tag」と「Untag」を参照してください。

システム項目タグ

次のシステム フィールドはデータのロード時に自動的に生成されます。

システム項目タグ
Tag 説明 スクリプトで操作が可能かどうか
$system

スクリプト実行時にQlik Senseによって生成されるシステム フィールド。

詳細については、「システム項目」を参照してください。

いいえ
$key 複数のテーブル間のリンクを提供するキー項目。 いいえ
$keypart この項目は、1 つ以上の合成キーの一部です。 いいえ
$syn

合成キー

詳細については、「合成キー」を参照してください。

いいえ

$hidden

非表示項目。つまり、ビジュアライゼーション、軸、またはメジャーの作成時に項目選択リストに表示されません。数式で非表示項目を使用できますが、項目名を入力する必要があります。

HidePrefixおよび HideSuffix システム変数を使用して、非表示にする項目を設定することができます。

詳しくは「HidePrefix 」と「HideSuffix 」を参照してください。

はい
$numeric 項目内のすべての値 (NULL以外)は数値です。 はい
$integer 項目内のすべての値 (NULL以外)は整数です。 はい
$text 項目内の値は数値ではありません。 はい
$ascii 項目の値には標準の ASCII 文字列のみが含まれます。 はい
$date 項目内のすべての値 (NULL以外)は日付 (整数)として解釈されます。 はい
$timestamp 項目内のすべての値 (NULL以外)はタイムスタンプとして解釈されます。 はい
$geoname 項目値には、ポイント項目 ($geopoint) またはエリア項目 ($geomultipolygon) に関連する地理的な場所の名前が含まれます。 はい
$geopoint 項目値には、マップ上のポイントを [経度、緯度] 形式で表す地理的なポイントデータが含まれます。 はい
$geomultipolygon 項目値には、マップ上のエリアを表す地理的なポリゴン データが含まれます。 はい

自動取得項目タグ

次のタグは、自動取得項目の宣言時に、折れ線グラフの連続した軸上で、項目の使用方法と表示方法を指定するのに使用できます。タグは、データ ロード スクリプトで操作できます。

自動取得項目タグ
Tag 説明
$axis $axisタグは、チャートの連続した軸上で、項目が目盛を生成するように指定するのに使用されます。

$qualified

$simplified

軸ラベルの修飾済みかつ簡素化されたバージョンを指定するには、2 つの異なる項目を取得します。修飾済みの項目は、軸が深いレベルにズームしたときに、全コンテキストを示すようにラベルとして表示されます。

例えば、四半期別にデータを表示する場合には、次の 2 つの項目を生成できます。

簡素化された項目。「Q1」のように四半期を表す $simplified タグと、「2016-Q1」のように年と四半期を表す $qualified タグが付けられています。

時間軸をズーム アウトすると、軸には、簡素化された項目を使用して、年 (2016) と四半期 (Q1) の 2 つのレベルでラベルが表示されます。ズーム インすると、軸には四半期と月のラベルが表示され、修飾済みの項目 (2016-Q1) を使用して、四半期の完全な年のコンテキストが提供されます。

$cyclic $cyclicタグは、周期的な項目に使用されます。例えば、四半期または月を、デュアル データで表現します。