Avg - スクリプト関数

Avg()は、group by節で定義されたレコードの数式内の集計データの平均値を算出します。

Syntax:  

Avg([DISTINCT] expr)

Return data type: 数値

Arguments:  

引数 説明
expr メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
DISTINCT 数式の前に distinct がある場合、重複はすべて無視されます。

Examples and results:  

アプリにスクリプト例を追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をアプリのシートに追加して結果を表示します。

結果

Temp:

crosstable (Month, Sales) load * inline [

Customer|Jan|Feb|Mar||Apr|May|Jun|Jul|Aug|Sep|Oct|Nov|Dec

Astrida|46|60|70|13|78|20|45|65|78|12|78|22

Betacab|65|56|22|79|12|56|45|24|32|78|55|15

Canutility|77|68|34|91|24|68|57|36|44|90|67|27

Divadip|36|44|90|67|27|57|68|47|90|80|94

] (delimiter is '|');

 

Avg1:

LOAD Customer, Avg(Sales) as MyAverageSalesByCustomer Resident Temp Group By Customer;

 

Customer MyAverageSalesByCustomer

Astrida 48.916667

Betacab 44.916667

Canutility 56.916667

Divadip 63.083333

この結果はメジャーを含むテーブルを作成すると、シートで確認できます。
Sum(Sales)/12

Temp テーブルが前の例のようにロードされた場合:

LOAD Customer,Avg(DISTINCT Sales) as MyAvgSalesDistinct Resident Temp Group By Customer;

Customer MyAverageSalesByCustomer

Astrida 43.1

Betacab 43.909091

Canutility 55.909091

Divadip 61

ユニーク値のみカウントされています。合計を重複しない値の数で割ります。