Loosen Table

スクリプト実行中に Loosen Table ステートメントを使用すると、1 つまたは複数の Qlik Sense 内部データ テーブルに対して明示的に疎結合を宣言できます。テーブルが疎結合している場合、項目値間のすべての関連付けは削除されます。疎結合したテーブルの各項目を独立した未結合のテーブルとしてロードしても、同じ効果が得られます。疎結合は、データ構造の異なる部分を一時的に隔離するテストの間に有用です。疎結合したテーブルは、点線によりテーブル ビューアで識別できます。スクリプトで Loosen Table ステートメントを 1 度以上使用すると、Qlik Sense はスクリプト実行前に疎結合化されたテーブルの設定を無視します。

Syntax:  

Loosen Tabletablename [ , tablename2 ...]

Loosen Tablestablename [ , tablename2 ...]

 

Loosen Table 構文または Loosen Tables 構文のどちらでも使用可能です。

注: Qlik Sense が、対話的にまたはスクリプトで明示的に疎結合を宣言されたテーブルで、分割できないデータ構造の循環参照を検出すると、循環参照がなくなるまで、他のテーブルが 1 つ以上強制的に疎結合にされます。その場合、[ループ警告] ダイアログで、警告が表示されます。

Example:  

Tab1:

SELECT * from Trans;

Loosen Table Tab1;