Execute

Execute ステートメントはその他のプログラムの実行に使用しますが、Qlik Sense ではデータのロードを行います。例えば、必要な変換を行う場合などです。

注: このステートメントは標準モードではサポートされていません。参照先 ファイル システム アクセス制御

Syntax:  

execute commandline

Arguments:  

引数 説明
commandline

オペレーティング システムがコマンド ラインとして解釈するテキスト。絶対ファイル パスまたは lib:// フォルダ パスを参照できます。

Execute を使用する場合は、以下の条件を満たしている必要があります。

  • レガシー モードで稼働する必要がある (Qlik Sense および Qlik Sense Desktop に該当する場合)。
  • Settings.iniOverrideScriptSecurity を 1 に設定する必要がある (Qlik Sense に該当する場合)。

    Settings.iniC:\ProgramData\Qlik\Sense\Engine\ にあり、空のファイルである。

警告: OverrideScriptSecurityExecute を有効に設定すると、すべてのユーザーがサーバーでファイルを実行できるようになります。たとえば、実行可能ファイルをアプリに添付し、データ ロード スクリプトでファイルを実行することができます。

次の手順を実行します。

  1. Settings.ini のコピーを作成し、テキスト エディタで開いてください。
  2. ファイルの最初の行に [Settings 7] が含まれているか確認します。

  3. 新しい行を挿入し、OverrideScriptSecurity=1 を入力します。
  4. ファイルの最後に空の行を挿入します。

  5. ファイルを保存します。
  6. 編集済みファイルの Settings.ini 代替として使用します。
  7. Qlik Sense Engine Service (QES) を再起動します。
注: Qlik Sense がサービスとして起動している場合は、コマンドが予想通りに動作しない場合があります。

Example:  

Execute C:\Program Files\Office12\Excel.exe;

Execute lib://win\notepad.exe // win is a folder connection referring to c:\windows