Num - スクリプトおよびチャート関数

Num() は、データ ロード スクリプトのシステム変数またはオペレーティング システムの数値書式設定 (書式文字列が提供されている場合を除く)、およびオプションの小数点記号と千の桁区切りを使用して、数式を数字として書式設定します。

Syntax:  

Num(number[, format[, dec_sep [, thou_sep]]])

Return data type: dual

Num 関数は、文字列と数値の両方が指定されたデュアル値を返します。この関数は、入力式の数値を取得し、数値を表す文字列を生成します。

Arguments:  

引数 説明
number

書式設定する数値。

format 結果として返される文字列の書式を設定する方法を記述する文字列。省略されている場合、オペレーティング システムで設定された数字形式が使用されます。
dec_sep 小数点記号を指定する文字列。省略されている場合は、データ ロード スクリプトで設定された MoneyDecimalSep 値が使用されます。
thou_sep 3 桁区切りの記号を指定する文字列。省略されている場合は、データ ロード スクリプトで設定された MoneyThousandSep 値が使用されます。