week - スクリプトおよびチャート関数

この関数は、ISO 8601 に従って、週番号を表す整数を返します。週番号は標準的な数値の解釈に従って、数式の日付の解釈により計算されます。

Syntax:  

week(timestamp [, first_week_day [, broken_weeks [, reference_day]]])

 

Return data type: integer

引数 説明
timestamp タイムスタンプまたは計算結果がタイムスタンプになる数式として評価して変換する日付。例えば、'2012-10-12'など。
first_week_day

first_week_day が指定されていない場合、変数 FirstWeekDay の値が週の初日として使用されます。

週の初日として別の曜日を指定する場合は、first_week_day を次のように設定します。

  • 0 - 月曜日
  • 1 - 火曜日
  • 2 - 水曜日
  • 3 - 木曜日
  • 4 - 金曜日
  • 5 - 土曜日
  • 6 - 日曜日

これで、関数から返された整数は、first_week_dayで指定した週の初日を使用するようになります。

FirstWeekDay

broken_weeks

broken_weeks が指定されていない場合は、変数 BrokenWeeks の値を使用して、週が分離しているかどうかを定義します。

デフォルトでは、Qlik Sense関数は分離していない週を使用します。つまり、

  • 第 1 週が 12 月から始まる年もあれば、第 52 週や第 53 週が 1 月に渡る年もあります。
  • 通常第 1 週には、少なくとも 1 月の 4 日間が含まれます。

分離した週を使用するオプションもあります。

  • 第 52 週や第 53 週は 1 月へと続きません。
  • 第 1 週は 1 月 1 日から始まり、多くの場合は完全な 1 週間ではありません。

次の値を使用できます。

  • 0 (= 分離しない週を使用)
  • 1 (= 分離した週を使用)

BrokenWeeks

reference_day

reference_day が指定されていない場合は、変数 ReferenceDay の値を使用して、第 1 週を定義する参照日として設定する 1 月の日を定義します。デフォルトでは、Qlik Sense 関数は 4 を参照日として使用します。これは、第 1 週に必ず 1 月 4 日が含まれる、または第 1 週に少なくとも 1 月の 4 日間が常に含まれることを意味します。

次の値は異なる参照日の設定に使用可能です。

  • 1 (= 1 月 1 日)
  • 2 (= 1 月 2 日)
  • 3 (= 1 月 3 日)
  • 4 (= 1 月 4 日)
  • 5 (= 1 月 5 日)
  • 6 (= 1 月 6 日)
  • 7 (= 1 月 7 日)

ReferenceDay