ファイル システム アクセス制御

セキュリティ上の理由から、Qlik Sense の標準モードでは、データ ロード スクリプトまたは関数、変数に含まれる絶対パスや相対パスはサポートされていません。これは、ファイル システムが露呈されてしまうからです。

QlikView ではこうした絶対パスや相対パスがサポートされていますが、QlikView ロード スクリプトを再利用するために、標準モードを無効にして、レガシー モードを使用することができます。

警告: ただし、標準モードを無効にすると、ファイル システムが露呈するためセキュリティ リスクが生じます。

標準モードの無効化

ODBC および OLE DB データ接続ベースでファイルに接続する場合のセキュリティ面

ファイルベースのドライバを使用する ODBC および OLE DB データ接続では、接続文字列に、接続したデータ ファイルへのパスが表示されます。このパスは、接続の編集時にデータ選択ダイアログまたは特定の SQL クエリに表示されます。標準モードとレガシー モードの両方で起こります。

ヒント: データ ファイルへのパスの表示に不安を感じる場合は、可能であればフォルダ データ接続を使用してデータ ファイルに接続することをお勧めします。

標準モードの制限

標準モードでは、使用できない/制限があるステートメントや変数、関数がいくつかあります。データ ロード スクリプトでサポートされていないステートメントを使用すると、ロード スクリプト実行時にエラーが生じる可能性があります。エラー メッセージは、スクリプト ログ ファイルで確認できます。サポートされていない変数と関数を使用しても、エラーメッセージやログファイルの入力は行われません。代わりに、関数は NULL を返します。

データ ロード スクリプトの編集中には、変数やステートメント、関数がサポートされていないことを通知するメッセージは表示されません。

システム変数

変数 標準モード/Qlik Sense Cloud レガシー モード 定義
Floppy

対応していません

サポート対象 見つかった最初のフロッピー ドライブのドライブ文字を返します。通常は a: です。
CD

対応していません

サポート対象 見つかった最初の CD-ROM ドライブのドライブ文字を返します。CD- ROM が見つからない場合は、c: が返されます。
QvPath

対応していません

サポート対象 Qlik Sense 実行可能ファイルへの参照文字列を返します。
QvRoot

対応していません

サポート対象 Qlik Sense 実行可能ファイルのルート ディレクトリを返します。
QvWorkPath

対応していません

サポート対象 現在の Qlik Sense アプリへの参照文字列を返します。
QvWorkRoot

対応していません

サポート対象 現在の Qlik Sense アプリのルート ディレクトリを返します。
WinPath

対応していません

サポート対象 Windows への参照文字列を返します。
WinRoot

対応していません

サポート対象 Windows のルート ディレクトリを返します。
$(include=...) サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス Include/Must_Include 変数は、スクリプトにインクルードしてスクリプト コードとして評価する必要があるテキストが格納されたファイルを指定します。スクリプト コードの一部を別のテキスト ファイルに保存して、複数のアプリで再利用することができます。 これはユーザー定義変数です。

システム変数

一般的なスクリプト ステートメント

ステートメント 標準モード/Qlik Sense Cloud レガシー モード 定義
Binary

Binary

サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス 別のアプリからデータをロードするには、binary ステートメントが使用されます。
Connect

Connect

サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス CONNECT ステートメントは、Qlik SenseOLE DB/ODBC インターフェースから一般的なデータベースにアクセスする方法を定義する際に使用します。ODBC の場合、まず ODBC アドミニストレータを使用して、データ ソースを指定する必要があります。
Directory

Directory

サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス Directoryステートメントは、新たなDirectoryステートメントが作成されるまで、後続のLOADステートメントのどのディレクトリでデータ ファイルを検索するか定義します。
Execute

Execute

対応していません サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス Execute ステートメントはその他のプログラムの実行に使用しますが、Qlik Sense ではデータのロードを行います。例えば、必要な変換を行う場合などです。
LOAD from ...

Load

サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス Qlik Sense 実行可能ファイルへの参照文字列を返します。
Store into ...

Store

サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス Qlik Sense 実行可能ファイルのルート ディレクトリを返します。

スクリプト制御ステートメント

ステートメント 標準モード/Qlik Sense Cloud レガシー モード 定義

For each...

filelist mask/dirlist mask

For each..next

サポートされている入力: ライブラリ接続名

返されたアウトプット: ライブラリ接続名

サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス

返されたアウトプット: ライブラリ接続または絶対パス (入力に応じて)

構文 filelist mask は、filelist mask に一致する現在のディレクトリ内にある、すべてのファイルのコンマ区切りリストを生成します。構文 dirlist mask は、ディレクトリ名のマスクに一致する現在のディレクトリ内にある、すべてのディレクトリのコンマ区切りリストを生成します。

ファイル関数

関数 標準モード/Qlik Sense Cloud レガシー モード 定義
Attribute()

Attribute - スクリプト関数

サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス 異なるメディア ファイルのメタ タグの値をテキストとして返します。
ConnectString()

ConnectString - スクリプト関数

返されたアウトプット: ライブラリ接続名 ライブラリ接続名または実際の接続 (入力に応じて) ODBC または OLE DB 接続のアクティブな接続文字列を返します。
FileDir()

FileDir - スクリプト関数

返されたアウトプット: ライブラリ接続名

返されたアウトプット: ライブラリ接続または絶対パス (入力に応じて) FileDir 関数は、現在読み取り中のテーブル ファイルのディレクトリ パスを文字列で返します。
FilePath()

FilePath - スクリプト関数

返されたアウトプット: ライブラリ接続名

返されたアウトプット: ライブラリ接続または絶対パス (入力に応じて) FilePath 関数は、現在読み取り中のテーブル ファイルのフル パスを文字列で返します。
FileSize()

FileSize - スクリプト関数

サポートされている入力: ライブラリ接続名

サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス FileSize 関数は、filename ファイル のサイズをバイト数で表した整数を返します。filename が指定されていない場合は、現在読み取り中のテーブル ファイルのサイズを返します。
FileTime()

FileTime - スクリプト関数

サポートされている入力: ライブラリ接続名

サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス FileTime 関数は、ファイル filename が最後に更新された日付と時刻のタイムスタンプを返します。filename が指定されていない場合、この関数は現在読み取り中のテーブル ファイルを参照します。
GetFolderPath()

GetFolderPath - スクリプト関数

対応していません

返されたアウトプット: 絶対パス

GetFolderPath 関数は、Microsoft Windows SHGetFolderPath 関数の値を返します。この関数は、Microsoft Windows フォルダの名前を入力として返し、フォルダのフルパスを返します。
QvdCreateTime()

QvdCreateTime - スクリプト関数

サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス このスクリプト関数は、QVD ファイルに含まれた XML ヘッダーのタイムスタンプを返します (ない場合は NULL を返します)。
QvdFieldName()

QvdFieldName - スクリプト関数

サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス このスクリプト関数は、項目番号 fieldnoQVD ファイル内にあれば、その名前 (ない場合は NULL) を返します。
QvdNoOfFields()

QvdNoOfFields - スクリプト関数

サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス このスクリプト関数は、QVD ファイル内の項目数を返します。
QvdNoOfRecords()

QvdNoOfRecords - スクリプト関数

サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス このスクリプト関数は、QVD ファイル内に含まれるレコードの数を返します。
QvdTableName()

QvdTableName - スクリプト関数

サポートされている入力: ライブラリ接続名 サポートされている入力: ライブラリ接続または絶対/関連パス このスクリプト関数は、QVD ファイルに保存されているテーブルの名前を返します。

システム関数

関数 標準モード/Qlik Sense Cloud レガシー モード 定義
DocumentPath()

対応していません

返されたアウトプット: 絶対パス

この関数は、現在の Qlik Sense アプリへの完全なパスを含む文字列を返します。
GetRegistryString()

 

対応していません

サポート対象 指定されたレジストリの path にある指定されたレジストリの key の値を返します。この関数は、チャートとロードスクリプトで使用できます。

システム関数