データ ロード スクリプトの編集

ユーザーは、データ ロード エディターのテキスト エディタでスクリプトを記述できます。ここで、データ選択時に生成した LOAD または SELECT ステートメントを手作業で変更し、新規スクリプトを入力できます。

Qlik Sense スクリプト構文を用いて記述する必要のあるスクリプトは、要素の区別がしやすいように、コメントは緑、Qlik Sense 構文のキーワードは青でハイライトされます。スクリプトの各行に番号が付けられます。

エディタ には、ロード スクリプトの開発を支援するための多くの機能があります。この機能については、本セクションで説明します。

コマンドおよび関数の構文ヘルプへのアクセス

いくつかの方法で、Qlik Sense 構文キーワードの構文ヘルプにアクセスできます。

ヘルプ ポータルへのアクセス

2 つの異なる方法で、Qlik Sense ヘルプポータルの詳細なヘルプにアクセスできます。

  • ツールバーの D をクリックして、構文のヘルプ モードに入ります。ヘルプ モードで、構文のキーワード (青色でハイライト、下線付き) をクリックすると、構文のヘルプにアクセスできます。

  • キーワードの内側または末尾にカーソルを置き、Ctrl+H を押します。

  • 注: 構文のヘルプ モードでは、スクリプトの編集はできません。

オートコンプリート機能の使用

Qlik Senseスクリプトのキーワードの入力を開始すると、フォーム選択の一致するキーワードがオートコンプリート リストに表示されます。入力を続けると、リストが絞られてきます。推奨される構文とパラメータが含まれるテンプレートから選択することができます。ツール ヒントには、パラメータ、追加のステートメント、およびステートメントまたは関数のヘルプ ポータル説明へのリンクを含む関数の構文が表示されます。

ヒント:

また、キーボード ショートカット Ctrl+Space キーを使用するとキーワード リスト、Ctrl+Shift+Space キーを使用するとツール ヒントが表示されます。

設定済みのテスト スクリプトの挿入

本製品にはインライン データ項目一式をロードするテスト スクリプトが事前に設定されています。このテスト スクリプトを使用すると、テスト目的のデータ セットを迅速に作成できます。

次の手順を実行します。

  • Ctrl + 00 を押します。

スクリプトにテスト スクリプト コードが挿入されます。

コードのインデント

読みやすくするため、コードにはインデントを設定できます。

次の手順を実行します。

  1. インデントを変更する行を 1 つまたは複数選択します。
  2. Àをクリックしてテキストをインデント (インデントを増大) するか、Ãをクリックしてテキストのインデントを解除します (インデントを減少)。

ヒント:

以下のキーボード ショートカットも利用可能です。

Tab (インデント)

Shift+Tab (インデント解除)

テキストの検索および置換

スクリプト セクションのテキストを検索および置換できます。

テキストの検索

データ ロード エディターを開きます。 次の手順を実行します。

  1. ツールバーで F をクリックします。

    検索ドロップダウン ダイアログが表示されます。

  2. 検索ボックスに、検索したいテキストを入力します。

    検索結果がスクリプト コードの現在のセクションでハイライトされます。また、見つかったテキスト インスタンスの数がセクション ラベルの隣に示されます。

  3. êë をクリックして、結果リストを移動することができます。
  4. ツールバーの F をクリックして、検索ダイアログを閉じます。
ヒント: また、[すべてのセクションを検索] を選択して、あらゆるスクリプト セクションで検索を行うことができます。見つかったテキスト インスタンスの数が各セクション ラベルの隣に示されます。[大文字小文字を区別する] を選択すると、大文字と小文字を区別して検索できます。

テキストの置換

次の手順を実行します。

  1. ツールバーで F をクリックします。

    検索ドロップダウン ダイアログが表示されます。

  2. 検索ボックスに、検索したいテキストを入力します。
  3. 置換ボックスに置換後の文字列を入力し、[置換] をクリックします。
  4. ë をクリックして、検索テキストの次のインスタンスを見つけ、以下のいずれかを行います。

    • [置換] をクリックしてテキストを置き換えます。
    • ë をクリックして次のインスタンスを見つけます。
  5. ツールバーの F をクリックして、検索ダイアログを閉じます。
ヒント: [選択範囲をすべて置換] をクリックすると、現在のスクリプト セクション内で、検索テキストのすべてのインスタンスが置き換わります。置換機能では大文字と小文字が区別され、置換ボックスに入力されたテキスト通りに置き換えられます。置換が完了するとメッセージが表示され、置換されたインスタンスの数を確認できます。

スクリプトへのコメント入力

スクリプト コードにコメントを挿入したり、コメント マークを使用してスクリプト コードの一部を無効にすることができます。// (2 本のスラッシュ) の右側に続く行のテキストはすべてコメントと見なされ、スクリプトを実行しても実行されません。

データ ロード エディタのツールバーには、コメント入力またはコメント解除コードへのショートカットがあります。関数はトグルとして機能します。つまり、選択したコードにコメントが付いていなければコメントが挿入され、コメントが付いていれば解除されます。

コメント入力

次の手順を実行します。

  1. コメント アウトされていないコードの 1 行または複数の行を選択するか、行の先頭にカーソルを置きます。
  2. をクリックするか、または Ctrl + K を押します。

これで選択したコードがコメント アウトされます。

コメント解除

次の手順を実行します。

  1. コメント アウトされたコードの 1 行または複数の行を選択するか、コメントされた行の先頭にカーソルを置きます。
  2. をクリックするか、または Ctrl + K を押します。

これで、選択されたコードがスクリプトの残りの部分で実行されます。

ヒント:

この他にも、スクリプト コードにコメントを挿入する方法には次のものがあります。

  • Rem ステートメントを使用する。
  • コードのセクションを /**/ で囲む。

Example:  

Rem This is a comment ;
 
/* This is a comment
that spans two lines */
 
// This is a comment as well

Rem の詳細については、「Rem」を参照してください。

すべてのコードを選択

現在のスクリプト セクションですべてのコードを選択できます。

次の手順を実行します。

  • Ctrl + A を押します。

現在のセクション内のすべてのスクリプトが選択されます。