Qlik Sense でのデータの手動追加

[データの追加] の [手動入力] を使用すると、データをエディタに入力し、データ マネージャーのテーブルとして追加することができます。データの手動入力は、別のソースからの限られたデータのセットを使用する場合に有益です。例えば、Excel のスプレッドシートまたは Web ページのテーブルから選択した行をテーブルとしてデータ マネージャーにロードするだけの場合、選択したデータを [手動入力] にコピーして貼り付け、データ マネージャーのテーブルとして追加することができます。データの量が少なく、別のデータ ソースからインポートするよりも手動で追加するほうが速い場合にも有益です。

データを手動で追加するには、[データの追加] を開いて [手動入力] を選択し、テーブルにデータを入力し、テーブルをデータ マネージャーに追加します。テーブル エディタは 1 つの行と 2 つの列から始まりますが、テーブルにデータが追加されるにつれて、空の行と列が自動的にテーブルに追加されます。

警告:

[手動入力] ではデータは入力時に自動的に保存されません。画面が更新された場合、セッションがタイム アウトした場合、またはデータがデータ マネージャーに追加される前に接続が切れた場合、入力されたデータが失われることがあります。

データは入力するほか、他のソースからコピーして貼り付けることができます。[手動入力] では、Excel テーブルからコピーしたデータの列と行が保持されます。

注:

Internet Explorer 11 は [手動入力] のコピーと貼り付けに対応していません。

[手動入力] で効果的かつ簡単に作業を行うために使用できるキーボードのショートカットが数多く用意されています。ショートカットの動作は、セル、行、列を選択しているか、またはテーブルでセルを編集しているかによって異なります。次の表に、選択のショートカットを示します。

選択に使用するキーボード ショートカット
ショートカット 説明
矢印キー セルの各選択を切り替えます。
Tab セルの選択を右に移動します。右にセルがない場合、次の行の最初のセルに移動します。
Shift+Tab セルの選択を左に移動します。左にセルがない場合、前の行の最初のセルに移動します。
Enter 編集モードに切り替えます。
Delete 現在の選択条件を削除します。

次の表に、編集のショートカットを示します。

編集に使用するキーボード ショートカット
ショートカット 説明
矢印キー セル内でカーソルを移動します。
Tab 編集を確定して、右の次のセルに移動します。
Shift+Tab 編集を確定して、左の前のセルに移動します。
Enter 編集を確定して、下の次のセルに移動します。
Shift+Enter 編集を確定して、上の前のセルに移動します。
Esc 編集をキャンセルして、選択モードに切り替えます。

[手動入力] で作成したテーブルは後から編集して、コンテンツの追加または削除ができます。詳細については、「データ ソースからのテーブルの更新」を参照してください。

手動でのデータの追加

次の手順を実行します。

  1. アプリを開きます。
  2. データ マネージャー を開いて、ú をクリックします。

    ¨ メニューで [データの追加] をクリックすることもできます。

  3. [アプリ内] で [手動入力] をクリックします。
  4. テーブルの名前を入力します。
  5. テーブル エディタでデータを入力します。

    セルをダブルクリックして、セルへのデータ入力を開始します。

    セルの編集中にテーブル内の別のセルをクリックすると、編集が確定され、他のセルが選択されます。

  6. データが完成したら、[データの追加] をクリックします。

データ マネージャーにテーブルが追加されます。