Direct Discovery を利用した膨大なデータ セットへのアクセス

Direct Discovery では、シンプルなスター スキーマ構造を持つ特定の SQL ソースからビッグ データ セットをロードし、それらをインメモリ データと結合できます。インメモリ データと Direct Discovery データ上での選択が可能で、関連付けを示す Qlik Sense の色 (緑、グレー、白) でデータ セットの連想結果を見ることができます。特定のビジュアライゼーションで両方のデータ セットからデータを分析できますが、このアプローチには多数の制限があります。この設計は、リアルタイムで解決できるようにはなっていません。

制限の詳細については、「Direct Discovery を使用する際の制限事項」を参照してください。

注: この制限を取り除くために Direct Discovery の新しい開発に着手する予定はありません。

Qlik Sense の On-Demand アプリでは、ビッグ データ ソースのロードおよび分析に、より柔軟にアプローチできるようになっています。

On-Demand アプリの詳細については、「On-demand アプリによるビッグ データの管理」を参照してください。

Direct Discovery のデータは DIRECT QUERY という特殊なスクリプト構文を用いて選択します。Direct Discovery 構造が完成すると、Direct Discovery 項目とインメモリ データを使用して Qlik Sense オブジェクトを作成できるようになります。Qlik Sense オブジェクトで Direct Discovery 項目を使用すると、外部データ ソースで自動的に SQL クエリが実行されます。

On-Demand アプリは、大規模データ セットにアクセスするための別の方法を提供します。Direct Discovery とは異なり、On-Demand アプリは、メモリ内にホストされた潜在的サブセットに対し、Qlik Sense のすべての機能を提供します。

See also: