範囲関数

範囲関数は、値の配列を取得し、結果として 1 つの値を生成する関数です。すべての範囲関数は、データ ロード スクリプトおよびチャート式の両方で使用できます。

たとえば、ビジュアライゼーションでは、範囲関数でレコード間配列から 1 つの値を計算できます。データ ロード スクリプトでは、範囲関数で内部テーブルの値の配列から 1 つの値を計算できます。

各関数のドロップダウンを使用すると、その関数の簡単な説明や構文を確認できます。詳細を表示するには、構文の説明にある関数名をクリックします。

注: 範囲関数は、サポート対象外となった旧式の一般的な数値関数である numsumnumavgnumcountnumminnummax の代替として導入された新たな関数です。

基本的な範囲関数

カウンタ範囲関数

統計的範囲関数

財務範囲関数