アプリを開く

アプリを開くには、そのアプリをハブ内でクリックします。データなしでアプリを開くことも、ハブにないアプリをインポートすることもできます。

データなしでアプリを開く

たとえば大量のデータがあってロードに時間がかかる場合など、場合によってはデータをロードせずにアプリを開くことができます。

アプリをデータなしで開くと、ビジュアライゼーションは、データ ソースに接続されないため機能しません。また、データ マネージャーとデータ モデル ビューアーも使用できません。

次の手順を実行します。

  • ハブにあるアプリをロングタッチ/右クリックして、ショートカット メニューから [データなしで開く] を選択します。

アプリが開くので、データ ロード エディターにアクセスしてロード スクリプトを更新し、シートおよびストーリーのレイアウトを表示または編集することができます。

例えば、シートやストーリーのレイアウトで作業してコンテンツを再編成できますが、表示されるのはビジュアライゼーションの表現のみです。メジャーまたは軸を更新することはできません。必要に応じて、データ ロード スクリプトを変更できます。データ ロード エディターでスクリプトが正常に実行されると、アプリのビジュアライゼーションは意図したとおりに機能し、データ分析に使用できるようになります。

制限事項

  • 独自の未公開アプリはデータなしでのみ開くことができます。
  • データなしで開く場合のみ、アプリは qvf 形式で開くことができます。ドキュメントは、qvw 形式で開くことはできません。

    詳細については、「QlikView ドキュメントの Qlik Sense アプリへの変換」を参照してください。

ハブにないアプリを開く

他のユーザーから受け取ったり、Qlik Sense Cloud からダウンロードしたり、Qlik Sense Desktop からコピーしたアプリを開くことができます。アプリは、開く前にインポートする必要があります。Qlik Management Console (QMC) でアプリをインポートします。

アプリをインポートすると、ハブで利用可能になります。